できる社員ほど危ない?優秀な社員が会社を弱体化させるワナとは

最終更新日:2022年7月15日

仕事を的確にこなし、目標は必ず達成、上司の期待に応える。部下には強力なリーダーシップを発揮し、調整もぬかりない。そんな優秀な社員を持つ上司はとても心強いものです。大きな企業や官公庁など、職掌が決まっている縦割りの組織に多くみられ、そのほとんどは会社に必要な人材として周りからも認められています。

しかし、そんな誰もが優秀と認める社員の仕事にこそ落とし穴があることをご存知でしょうか。優秀な社員が会社を弱体化させてしまう、その理由とは何なのか?3つのポイントから紹介します。

優秀な社員の画像

優秀な社員が会社を弱体化させるワナ①流れ作業的な仕事の仕方は市場価値がない

仕事を的確こなす社員は、実は仕事の意味や目的、価値を考えず、本当の意味で優先順位がつけられていないこともあるのです。高い実績を上げている人は、会社にとって必要な仕事なのかどうかを考えず、目の前の仕事を「流れ作業的」に片付けている可能性があります。

そのため無駄な業務はいつまでもなくならず、仕事の効率化には程遠いのです。一度考えないでやる癖がつくと、リストラされたとき市場価値がなくなることは目に見えています。日本では50歳をすぎると労働市場での価値が一気に激減します。

若いときから仕事の意味や目的を考える習慣がなく、視野も狭くなっているからです。日本の会社にイノベーションが起こりにくく、生産性が上がらない一因は、こうした社員の流れ作業的な仕事の仕方にあります。

流れ作業的な仕事の画像

優秀な社員が会社を弱体化させるワナ②仕事の意味・目的・価値をまず考える

仕事が与えられた時、社員はまずどうやるかではなく、この仕事は何の目的か、会社全体でどういう意味や価値を持つかを考える癖をつけることが必要です。仕事が早く、結論が早く出せる人は、過去の成功体験だけで判断をしがちです。部下や取引先などから最新情報を得て、広い視野で可能性を考えたほうが、良い判断ができたかもしれません。

部下が課題を抱えている場合、上司や同僚とやりとりすることで、考えがまとまったり、新しいアイデアが思い浮かんだりすることもあり、それが考える力を鍛えることにもなります。仕事を早く終わらせようと、上司の期待するような結果を出そうとする人は、自分が現場で得た情報を活かした仕事の仕方をせず、上司の答えに合わせて小さい範囲でしか仕事を考えられなくなってしまいます。

こうした仕事の仕方では、いつまでも考える力が養われず、社員としての成長に結びつきません。会社、そして仕事の意味や目的、価値を理解してこそ、本当に優秀な社員なのです。

仕事の意味を考える画像

優秀な社員が会社を弱体化させるワナ③モヤモヤにヒントがある

本当に優秀な社員は「モヤモヤ」を大切にします。何かモヤモヤした気持ちを感じたら、それを徹底的に考え抜くのです。そこに、会社の根本的な問題や新たな仕事のヒントが隠れている可能性が高いです。

ですが、多くの「優秀」と言われる社員は周囲の空気を読み、あえてその「モヤモヤ」の本質の追求せず、うまくやり過ごすことを優先しがちです。さまざまな問題点や課題が見えてきたら、同期や部門をまたいだ社内の人で、その問題について話し合ってみると、同じことを感じている人は必ずいます。そういう人同士が情報交換や意見交換をすることで、いずれは、会社の改革や、再生、イノベーションを起こす力になるのです。

目の前の仕事をただこなしている人には、こうした「モヤモヤ」は見えてきません。日常の中でのちょっとした不具合や変化を敏感に感じ取り、それを変革させようという社員こそが優秀な社員です。

本当に優秀な社員とは

本当に優秀な社員とは、流れ作業で仕事を行わず、効率的にこなせる人、仕事の意味や目的を理解し価値を考えられる人、そして会社の中の小さなモヤモヤを掬い取り、変革を起こせる人です。ただ仕事が早く、言われたことを素直に応じてくれる人がいい社員では決してありません。

本当に優秀な社員を育成したいと考えたときは、会社としてどんな社員を育てていきたいかを、明確にし、改めて考え直す必要があります。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回す支援をし続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準設定されているだけでなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や上司のための支援機能が満載です。

ヒントがある画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。

お役立ちブログの関連記事

業務の見える化に欠かせない3つの項目とは?

業務の見える化に欠かせない3つの項目とは?

【具体例あり】工場の見える化とは?ステップを解説

【具体例あり】工場の見える化とは?ステップを解説

部下の仕事が遅いと「自分がやるから」と引き取ってしまうときの対処法

部下の仕事が遅いと「自分がやるから」と引き取ってしまうときの対処法

ストレスから脱却する仕事術4つのステップとは?

ストレスから脱却する仕事術4つのステップとは?

施工管理アプリ「ANDPAD」の特徴と日報として運用する方法

お気軽にご相談ください

新着情報

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!