リーダーシップ 日報の活用術TOP

強いパワーで人をまとめる!「攻め」のリーダーシップを学ぼう

2016年12月9日

企業で働くどんな立場の人にも必要なビジネススキル。それがリーダーシップです。リーダーシップのスキルが必要なのは、管理職だけとは限りません。役職にかかわらず、すべての社員にとって、リーダーシップは重要なスキル。

後輩指導、外注先とのプロジェクトをリードする、社内の改善活動をリードするなど、さまざまな局面でリーダーシップが求められます。今回はそんなビジネスマンにとって欠かせないリーダーシップの種類について紹介します。

リーダーシップの画像

「攻め」のリーダーシップ① 目標に向かって人をまとめるビジョン型

起業家やチームリーダーにとって、欠かせないのはビジョン型リーダーシップ。ビジョン型リーダーシップとは、壮大な夢や感動的なビジョンを語り、部下を導くリーダーシップです。

この種類のリーダーシップは、新しいプロジェクトのリーダーに任命された場合や、社内起業をする際には欠かせません。新しい挑戦に挑むチームのメンバーは、不安にかられやすい存在です。新しい課題への挑戦は、必ずストレスにさらされます。しかも、新しいプロジェクトはさまざまな問題が発生します。

ビジョン型リーダーシップは共通の夢に向かって人々を動かすことが特徴で、最も前向きなリーダーシップ・スタイル。ポイントは、夢は語るが到達までの方法を押し付けず、ビジョンの実現方法はメンバー達の自主性に任せることが大切です。

自分たちの持っている情報を惜しみなく公開しあうことで、ビジョンの実現に向けて邁進することができます。自信に満ちた自己認識を持ち、人に共感したり鼓舞激励することが得意なリーダーに向いたリーダーシップの種類と言えます。

 目標に向かって人をまとめる画像

「攻め」のリーダーシップ② 率先して手本を示すベースセッター型

多くの部下を率いる場合に効果的なリーダーシップのが、ベースセッター型リーダーシップ。このリーダーシップの種類の特徴は、メンバーに対してまずは手本を示すことです。

ベースセッター型リーダーシップを実践するには、前提条件として二つ必要です。まず、リーダーが高い能力を有していること。そして、その能力を発揮している姿を、フォロワーである一般社員に見せれられること。

これは、誰にでも発揮できるリーダーシップではありませんが、リーダーとなる業務で長い経験がある、もしくは卓越した技術がある場合などに向いているリーダーシップの種類です。

部下のモチベーションを言葉をかけるだけで引き出すことは困難な場合、やってみせることこそがもっとも効果的です。難度が高く、やりがいのある目標の達成をめざすことが必要な場合は、ぜひこの種類のリーダーシップを実践してみましょう。

 率先して手本を示す画像

「攻め」のリーダーシップ③ 貪欲に成果を追い求める強制型

リーダーシップの種類として、最も使い方を注意すべきなのが、強制型リーダーシップ。強制型リーダーシップは恐怖心を煽ったり、メンバーを逃れられない状況に追い込み、強制的に行動させるものです。

このリーダーシップの種類は、このやり方を続けるとメンバーに大きなフラストレーションがたまり、リーダへの反乱が起きるリスクが高くなります。使い方には気をつけなければいけません。一方で強制型リーダーシップには他の種類のリーダーシップよりも効果を発揮する場面があります。

特に、何か大きな問題が起きた時です。部下のミスが原因でクレームや大きなトラブルが起きた場合、甘い態度をとっていれば逆に部下から舐められることにもなりかねません。リーダーとしての権威を維持する為にも、強制型リーダーシップは欠かせないといえるでしょう。

貪欲に成果を追い求める画像

強いパワーで人をまとめる!「攻め」のリーダーシップを学ぼうまとめ

どのリーダーシップが一番優れているというものはありません。リーダーシップの種類の長所と短所を理解し、場面に応じて使い分けることが大切です。リーダーシップの種類を使い分けることで、メンバーの力を引き出し、より高い成果を引き出すことができます。

いかに個別のスキルや能力の高い人材であったとしても、メンバーを導くことができないリーダーはよいリーダーとはいえません。どれだけ「個」の力が優れていても、ビジネスという戦場では組織集団の力には勝てないからです。

部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中で部下のPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。

強いパワーで人をまとめる画像

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!