新入社員 目標達成するチームTOP

新入社員の正しい「叱り方」3つのポイントとは

2017年2月27日

近年「ブラック企業」や「パワハラ」などのキーワードが話題となり、職場環境がクローズアップされることが増えています。多くの上司が、新入社員に対し顔色をうかがいながら接する傾向がみられます。もちろんパワハラは論外です。

しかしパワハラと訴えられることを恐れ、顔色ばかりうかがっていては新入社員はいつまでたっても一人前にはなりません。では新入社員に響くよう適切に叱るためには、どのような点に注意をすればよいのでしょうか。

新入社員の正しい「叱り方」3つのポイントとは

新入社員の正しい叱り方①「怒る」と「叱る」は違う!期待は持たず冷静に

「怒る」という言葉と、「叱る」という言葉は、似て非なるものです。人を育てるためには、「怒る」のではなく「叱る」ことが大切です。では「怒る」と「叱る」はどのような点が違うのでしょうか。「怒る」という行為は、感情にまかせて自分の思いをぶつける行為です。

怒られた新入社員は、上司に対して反発心を抱いたり、萎縮したりしてしまいます。これでは新入社員にはあなたの言葉は響きませんし、悪影響にしかなりません。一方「叱る」という行為は、感情のままに言葉をぶつけるのではなく、冷静に指導をする行為です。どうしてその行動が間違っているのかを、冷静に筋道を立てて伝えることで、新入社員は自分が叱られた理由を理解しやすくなり、指導を受け入れやすくなります。

新入社員に指導をする際ついつい感情的になって怒ってしまうという方は、相手の反応が期待通りではないことに、ついイライラしてしまうことが多いのではないでしょうか。そうならないために、「何に対して指導をするのか」を明確にしてから伝えるようにしましょう。そして指導に対し、相手が期待通りの返答をしてくれなかったとしても、「そういうものだ」と割り切る努力をしましょう。

新入社員の正しい叱り方①「怒る」と「叱る」は違う!期待は持たず冷静に

新入社員の正しい叱り方② 人格否定でなはなく「相手の言動」にフォーカスする

子育て本の中では、よく「子どもの叱り方」が紹介されているのをご覧になったことはありますか。多くの書籍は「人格を否定するような言葉を言ってはいけない」と指摘しています。子どもの行動を「それはやっちゃいけないことだよ」と叱ることはよいのですが、「そんなことをしてダメな子だね」と叱るのは、人格を否定することになり子どもの心に悪影響を及ぼすためです。

部下に対しても、同様のことがいえます。仕事で失敗をした部下に対し、「だからお前はダメなんだ」と人格そのものに言及をする叱り方をすると、部下のプライドは傷つき自信を失ってしまいます。さらにあなたとの信頼関係までこわれてしまうこともあります。あなたがたとえ相手のことを思って叱ったのだとしても、言い方を間違えると伝わらないだけではなく、部下に対して悪影響になってしまうこともあるのです。部下を叱るときは、相手の行動や言動自体にフォーカスするように注意をしましょう。

新入社員の正しい叱り方② 人格否定でなはなく「相手の言動」にフォーカスする

新入社員の正しい叱り方③ 他者との比較はNG!なりたい像と比較せよ

あなたは子どもの頃、周りと比べられて嫌な思いをした経験はありませんか?比べたほうは、競争心をあおりやる気にさせたいと思ってのことかもしれませんが、比べられた方はあまり良い気分ではありません。これは新入社員も同様です。最近の若者は、周りと競争をした経験が少なく、「自分は自分、人は人」という意識が強い場合が多いです。そのため余計に比較されることに敏感です。

そのかわり、「自分のなりたい自分」に向かって努力をする傾向にあります。部下の気持ちを発奮させたいときは、周囲と比較するよりも、部下のなりたい像と比較するほうが効果的です。「来年は後輩を指導したいと言ってたよな。でもいつも遅刻をしているようじゃ立派な先輩になれないぞ」という具合に伝えてみてください。

正しい叱り方で新入社員を成長させよう

新入社員の成長を促すためには、時には厳しいことも言わなければなりません。しかし、相手の顔色ばかりうかがってもしっかりと伝えることはできませんし、かといって感情に任せて怒ってしまっても伝わりません。部下を成長させるためには、冷静に「叱る」ことが大切です。

何がいけなかったのかを明確に伝え、新入社員が理想の自分に近づけるようしっかりとサポートをし、成長を促しましょう。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメです。上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

正しい叱り方で新入社員を成長させよう

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!