チームビルディング 日報の活用術TOP

あなたは大丈夫!?上司が部下との飲み会で注意すべき3つの接し方

2017年3月6日

社内の飲み会は、上手く利用すると上司と部下が関係を密にできるきっかけになります。しかし飲み会の席でのふるまい方によっては、余計に部下との関係がこじれることも。飲み会は、今後の仕事をスムーズに進められるか否かの分かれ道。飲み会の席で部下に対して、どのような点に注意をして接すると良いのでしょうか。

飲み会の画像

上司が注意すべき部下に対する接し方①フラットな関係になりすぎない

お酒の席で、「今夜は無礼講だ!」などという上司の方がよくいらっしゃいます。もちろんお酒の席ぐらい仕事は忘れて、部下も上司も関係なく過ごすのは、決して悪いことではありません。しかし関係が近くなりすぎて、上司と部下という関係性が崩れてしまうと、仕事に悪影響を及ぼすことも。

上司と部下の関係性が崩れてしまうと、仕事の際になれ合いになってしまったり、部下が上司の指示に従わなくなってしまったりすることが考えられます。適度なところで一線を引き、あくまでも上司と部下であるという関係性は、崩さないことが大切。

フラットな関係になりすぎない画像

上司が注意すべき部下に対する接し方②最後まで残らない

飲み会の席でつい楽しくなり、最後まで残る上司の方は多いのではないでしょうか。しかし、部下の立場になって考えてみてください。部下は上司がいると気をつかわなければならず、心から楽しむことができません。それどころか、ストレスを感じている可能性もあります。

また、部下はたとえ「疲れているから早く帰りたい」と感じていたとしても、上司が残っていては帰ることもできません。つい飲み過ぎてしまい、部下の前で醜態をさらすことになっては、部下との関係を築くどころか、信頼を失うことも。

どんなに楽しくてもほどほどで切り上げるように注意をしましょう。そうすることで、「部下の気持ちがわかる上司」と部下からの株もあがります。

最後まで残らない画像

上司が注意すべき部下に対する接し方③他人の批判に同調しない

会社の飲み会の席で、ついつい会社の批判やほかの社員に対する批判を行ってしまうことは珍しいことではありません。だからといって、上司であるあなたが部下に対し、会社やほかの社員の不満を言うのは良くありません。たとえあなたから言い出したのではなかったとしても、部下の批判に対し、同調するそぶりを見せることも避けましょう。

上司が批判を口にしたり、部下の批判に同調したりすることで、部下は「批判をしてもいいんだ」と受け取ってしまいます。また部下は上司に対し「常に冷静沈着でカッコイイ姿を見せてほしい」と思っています。上司の口から批判を聞くと、部下は上司に対し「カッコ悪い」と感じ、信頼が揺らぐことも。

部下が口にする批判に対しても、同調することなく聞き役に徹し、解決策を見出すようにしましょう。そうすることで、部下の上司に対する信頼度が増します。

他人の批判に同調しない画像

飲み会での部下との接し方に気を付けて仕事をスムーズに

飲み会はどんなに楽しくても、部下との接し方には気を配ることが大切。部下との関係性を崩さず、はめをはずしすぎないように心がけ、部下が飲み会でストレスをためず楽しめるよう配慮をしましょう。そうすることで、部下との関係が深まり、今後の仕事をスムーズに進めることができるようになります。

お酒の席では部下との関係性に配慮しながら楽しみましょう。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回す支援をし続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準設定されているだけでなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や上司のための支援機能が満載です。

飲み会での部下との接し方に気を付ける画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!