働き方改革 日報の活用術TOP

働き方改革がうまく進まない?改革を阻む3つの壁

2017年3月7日

業務の効率、生産性向上を目指したいという経営者の気持ちとは裏腹に、職場の働き方改革がうまく進まないと悩んでいませんか?働き方の改革をしたいと思っている社員は多くいるのに、なぜその改革がうまくいかない実態が続いているのでしょうか。働き方の改革を阻む3つの壁とはなんなのか、課題点や解決策を紹介します。

働き方改革がうまく進まない画像

働き方改革を阻む壁① 経営者のコミットメント

企業の中には「働き方改革でどんなメリットがあるのか?それで利益が増えるのか」と反発する経営者も多いのが実態です。一番のネックはトップの意識であることを、まずは念頭に入れておきしましょう。長時間労働の削減や休暇の取得に関するトップの意識が低いと、いつまでたっても働き方の問題は改善されません。

会社全体の働き方の解約への前向きな取り組みに広がってはいきません。今も根強く残っている昔ながらの考え方である、「長時間労働こそ男の働き方だ」というような人的評価や、「先輩が仕事をしているため先に帰りにくい」といった職場の風土も問題です。

この問題点を解決するのは、やはりトップの意識をまずは変える必要があります。トップに立っている人間が自ら、働き方の改革とは具体的にどのようなことなのか、今の自分が抱える職場にはどのような課題や風土があるのかをしっかりと見極め、進んで行動していくことが大切です。

経営者の画像

働き方改革を阻む壁② 人事評価の仕組み

会社の規模が大きければ大きいほど、しっかりと責任を持って働き方の改革を推進する部署や、ノー残業デーの設置など、体制づくりが重要になってきます。単に「早く帰るように」と呼びかけるだけでは、せっかくの活動も、「単純な残業代の圧縮」になってしまい、社員がまったく報われない仕組みとなってしまうことになりかねません。

大切なのは、しっかりと量より質を重視する人事評価の仕組みと、働き方の改革を具体的に推進し会社全体に広める役割の部署を機能させることにあります。また、それらを管理するマネジメント層の教育が徹底されていないと、それぞれのマネジメント法で部下を指導していることが多く、部署やチームによってばらつきが出てしまいがちです。

一方では残業せずに仕事の質でしっかりと評価をされているのに、隣の部署では残業しなければただのサボりもの扱いというのでは、社員も報われません。しっかりと会社全体で一つの改革に向けて進めるよう、ぶれない専門の部署や共通のノー残業デーの設置が大切なのです。

人事評価の画像

働き方改革を阻む壁③ 作業効率の悪い業務

作業効率の悪い業務の中で、例として必要のない会議が挙げられます。まずは、社員全体の仕事の効率化を図るための社内の共通のルールづくりが必要不可欠となります。また、最近ではどんどんと便利になる一方で、メールの処理量が増えて逆に生産性が下がったということも起きているのが実態です。

社員自身がどのような点に躓き、目指している働き方の改革へのネックになっているのかを見極めましょう。例えば、メールの処理一つでも手間がかかってしまったり、いちいちほかの需要な案件の手を止められるのが苦痛で効率が落ちていると判断できるのであれば、

挨拶や定型文を省略できるデジタルツールの活用を検討すべきです。身近に潜んでいる作業効率の悪さを放置していては、働き方の改革をすることはできないのです。まずは身近な業務から課題点を見出し、それに直結した作業効率のアップ方法やルール作りを意識するようにしましょう。

作業効率の悪い画像

働き方の改革は経営トップ以下社員全体で取り組もう

まずは会社のトップがしっかりと方向性を定め、社員の本来の働き方というものを意識しましょう。「残業することが仕事をすること」という時代は終わりました。量より質をしっかりと評価する人事制度の導入や、そういった感覚が社員たちの中でぶれたりズレが生じることのないように、しっかりと体制を整えて活動してくことが働き方の改革成功の秘訣です。

働き方改革で1番大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を日々回し「習慣化」することです。習慣化させるオススメの手法は「日報」です。毎日のことなので、できる限り手早く報告するのがベストです。かといって、事務的に書くだけのためのものでもありません。

簡潔に伝えつつ、今日一日の仕事の中から得た気づきや学びを振り返ることで、より仕事のレベルを高めるツールです。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、「日報のテンプレート機能」や、「googleカレンダーとの連携(コピペ)機能」など、毎日たった5分で素早く的確な日報を作成するための機能が満載です。 「毎日のたった5分」で仕事のレベルが確実に高まります。

また、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけでなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、目標達成を行うための機能が満載です。

働き方の改革の画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!