働き方改革 日報の活用術TOP

職場をブラック化してませんか?働き方改革を阻む3つの壁

2017年3月13日

電通の女子社員が自殺してしまった悲しい事件をきっかけに、長時間労働は大きな社会問題となっています。これを受けて政府は長時間労働に対する取り締まりを強化し、企業に対して働き方を改革するよう働きかけを強めています。

しかし政府で規制を強化しただけでは、抜本的な改善には至りません。「ブラック」な職場がはびこる最大の原因は、経営者にあることが多いからです。職場をブラックにしてしまう経営者の行いにはどのようなものがあるのでしょうか。

ブラック化の画像

働き方改革を阻む職場のブラック化① 仕事の量が多い

自分の持ち物の「断捨離」をおこなうという方が最近増えてきています。しかし断捨離を一度おこなっても、年月が経つにつれて再びものが増えてきてしまいます。部屋を常にスッキリと保つためには、定期的に持ち物をチェックし断捨離をおこなうことが必要です。これは仕事も同様です。

パナソニックの前身である松下電器産業では、3年に1度業務の見直しを図り、不要な業務の削減に努めていました。この裏には、創業者である松下幸之助氏の「業務というのは削っても削っても、時間がたつと自然と増えてくる。そのため数年に一度、大胆に目標を設定し削減しなくてならない」という考えがあります。

いくら政府で残業時間に制限を求めても、業務の量が減らなければ改善にはつながりません。業務を削減したとしても、年月とともにまた業務は増えてしまいます。定期的に社内の業務を見直し、不必要な業務がないかどうかを確認することが大切です。

職場のブラック化の画像

働き方改革を阻む職場のブラック化② 丸投げ・無責任体質

仕事の生産性よりも、社員の頑張りを「働いた時間」で評価するような経営者の態度は社員の長時間労働を生み、職場のブラック化を促進させます。公平な成果ではなく、「頑張り」を評価することで、「残業=頑張っている」ととらえられてしまうことが多いためです。また1人の仕事の量を減らすために、社員に均等に仕事を割り振る方もいます。一見仕事を効率的に進めるためにはよいやり方に見えます。

しかし、仕事の内容ややり方をしっかりと伝えないまま、「上手くやれ」と仕事を丸投げすると、かえって社員の負担が増えてしまいます。職場をブラック化させないためには、経営者は社員が仕事に取り組みやすいよう、常に気を配りサポート役に徹することが大切です。仕事を割り振るときは、社員への負担を考慮しながらおこないます。

そして、どのように仕事を進めていくと良いのかをしっかりと伝え、進捗状況もそのつど確認するようにしましょう。そして社員を評価するときには、仕事の「頑張り」ではなく仕事の中身を評価するようにしましょう。経営者の考え方次第で、職場はブラックにもホワイトにもなるのです。

丸投げ・無責任体質の画像

働き方改革を阻む職場のブラック化③ コストを無視した過剰な顧客偏重

「お客様は神様です」という言葉があります。この言葉の通り、顧客の満足度を上げることは、利益を上げるためにも大変重要なことです。だからといって顧客の要求になんでも応えればよいというわけではありません。顧客の要求に応えるためには、コストや労力がかかることもあります。この労力の負担を負うのは、従業員たちです。

顧客の要求にすべて応えようとすると、社員の労働時間は増える一方になってしまいます。以前ニュースで、「正月も店を開けてほしい」という客の要望に、「社員のことを考えると、正月は店を開けることはできません」と答えた経営者の決断が話題となっていました。

職場のブラック化を防ぐためには、顧客の要求はすべて受け入れるのではなく、要求の重要度を経営者が見極め、どの要求に応えるべきなのかを冷静に判断することが大切です。

コストを無視した画像

職場の「ブラック化」させないために経営者の正しい判断が重要

職場のブラック化を回避するためには、経営者がそのつど正しい判断を下し、社員に負担のかからない仕事のやり方を模索していくことが大切です。働きやすい職場になることで、社員のモチベーションが上がり効率よく利益を上げることにつながります。経営者は常に職場の環境に目を配り、ホワイトな企業を目指しましょう。

働き方改革で1番大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を日々回し「習慣化」することです。習慣化させるオススメの手法は「日報」です。毎日のことなので、できる限り手早く報告するのがベストです。かといって、事務的に書くだけのためのものではなく、簡潔に伝えつつ、今日一日の仕事の中から得た気づきや学びを振り返ることで、より仕事のレベルを高めるツールです。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、「日報のテンプレート機能」や、「Googleカレンダーとの連携(コピペ)機能」など、毎日たった5分で素早く的確な日報を作成するための機能があります。 「毎日のたった5分」で仕事のレベルが確実に高まります。また、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されている他、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、目標達成を行うための機能が満載です。

職場の「ブラック化」させない画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!