【スマホも可】工程管理(進捗管理)アプリおすすめ17選!【無料あり】

最終更新日:2024年4月3日

こんにちは!プロジェクトをスムーズに進めたいけど、どうすればいいか分からないと感じている方、必見です。工程管理(進捗管理)は、プロジェクトが成功するためのカギとなる要素の一つです。しかし、多くの人が工程管理(進捗管理)の難しさや面倒くささを感じ、効率的に行えていないのが現状です。

そこでこの記事では、初心者から中級者まで、工程管理(進捗管理)を行いやすくするための「おすすめ工程管理(進捗管理)アプリ17選」をご紹介します。各アプリのメリット・デメリットもしっかりと解説するので、あなたにピッタリのアプリが見つかるでしょう。

さあ、プロジェクトを成功に導く最適なツールを一緒に見つけましょう!

工程管理(進捗管理)アプリとは?

工程管理(進捗管理)アプリは、プロジェクトの進行を効率的に管理するためのツールです。このアプリを使用することで、プロジェクトの各フェーズ、タスク、期限、担当者などを一元的に管理することが可能になります。特に、チームでの協力作業が多い現代では、工程管理(進捗管理)アプリがその重要性を増しています。

工程管理(進捗管理)の主な機能と用途

  • タスク管理: プロジェクトに関連する各種タスクを作成、割り当て、進捗を追跡します。
  • 期限設定: 各タスクやマイルストーンに対する期限を設定し、全体の進行を把握します。
  • リソース管理: 人材、時間、予算などのリソースを効率的に割り当てる機能もあります。
  • コミュニケーション: チーム内での情報共有や議論をアプリ内で行えるものも多くあります。
  • レポート作成: プロジェクトの進捗状況や成果を簡単にレポートとして出力する機能もあります。

工程管理(進捗管理)アプリの選び方

工程管理(進捗管理)アプリを選ぶ際には、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。以下で、主要なポイントについて詳しく説明します。

予算

  • 無料版と有料版: 多くの工程管理(進捗管理)アプリは無料プランを提供していますが、高度な機能を使用するためには有料プランが必要な場合もあります。
  • コストパフォーマンス: 予算に応じて、必要な機能が備わっているかどうかを確認しましょう。

チームの規模

  • 小規模チーム向け: 小規模チームや個人での使用に適したシンプルなアプリも多くあります。
  • 大規模チーム向け: 大規模なプロジェクトに対応した多機能なアプリも選択肢に入れておきましょう。

使い勝手

  • ユーザーインターフェース: 操作が直感的でわかりやすいかどうかは、日々の使用において非常に重要です。
  • カスタマイズ性: 自分の作業フローに合わせてカスタマイズできるかも、選び方のポイントになります。

工程管理(進捗管理)アプリを使うメリット

工程管理(進捗管理)アプリの使用は、プロジェクトを成功に導くための重要なステップです。具体的なメリットを以下にまとめています。

  1. 効率的なタスク管理: 手書きのリストやスプレッドシートよりも高度にタスクを管理でき、その結果、作業の効率が向上します。
  2. 透明性の向上: アプリ内でタスクや進捗、責任者を明示することで、チーム内の透明性が向上します。これにより、誤解やコミュニケーションエラーが減少します。
  3. 期限管理の強化: アプリでは、各タスクに期限を設定できるため、遅延が発生するリスクを最小限に抑えられます。
  4. リソースの最適化: 人材や時間、予算などのリソースを効率的に割り当てることができ、プロジェクトの成功率が高まります。
  5. リモートワーク対応: オンラインでのアクセスが可能なアプリも多く、リモートワークやテレワークにも対応しています。
  6. 継続的な改善: プロジェクトの進行状況をレポートとして出力する機能があり、これを基に今後の改善点を見つけられます。

工程管理(進捗管理)アプリを使うデメリット

工程管理(進捗管理)アプリは多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。以下に主なポイントを列挙します。

  1. 学習コスト: 新しいアプリを導入する際には、その操作方法や機能に慣れるまでに時間と労力がかかる場合があります。
  2. 費用: 無料プランも多いですが、高度な機能を利用するためには有料プランへの移行が必要で、それが予算に負担をかけることもあります。
  3. 情報過多: アプリが高機能であるあまり、必要な情報が埋もれてしまい、結果として効率が落ちる可能性もあります。
  4. チームの抵抗: すべてのメンバーが新しいツールに対してポジティブでない場合、その導入はスムーズにいかないこともあります。
  5. データセキュリティ: オンラインのアプリを使用する場合、データの漏洩や不正アクセスのリスクも考慮する必要があります。

工程管理(進捗管理)アプリおすすめ17選

日報アプリ「gamba」

特徴

  1. シンプルなUI: gambaはユーザーフレンドリーな設計で、誰でも簡単に使い始められます。特に、操作が煩雑な工程管理(進捗管理)ツールに慣れていない方には、このシンプルさが魅力です。
  2. 多機能: ただの日報アプリではなく、スケジュール管理やプロジェクトの進捗状況も一元管理できます。工程管理(進捗管理)にも役立つ多機能性があります。
  3. リモートワーク対応: クラウドベースであり、どこからでもアクセス可能です。リモートワークが多い現代において、この柔軟性は大きなアドバンテージです。

料金

  • 15日間の無料トライアルあり
  • 有料プラン: 1ユーザーあたり980円

おすすめしたいユーザー

  1. 初めて工程管理(進捗管理)アプリを使う方: シンプルなUIと基本機能の充実度から、初心者でも安心して使えます。
  2. リモートワークをしているチーム: クラウドベースであるため、場所に縛られずに使えます。
  3. 多機能なアプリを求めている方: 日報だけでなく、スケジュールやプロジェクト管理も一元で行いたい方におすすめです。

クラウド工数管理「CrowdLog」

引用元サイト→CrowdLog公式サイト

特徴

  1. 工数管理の特化: CrowdLogは工数管理に特化したアプリです。プロジェクトの進捗やコストをリアルタイムで把握することができます。
  2. 柔軟なカスタマイズ: 一般的な工程管理(進捗管理)アプリと異なり、CrowdLogは各プロジェクトに合わせて柔軟に設定を変更できます。
  3. 高度なレポート機能: グラフやダッシュボードを用いて、プロジェクトの状況を視覚的に把握できます。これにより、効率的な工程管理(進捗管理)が可能です。
  4. セキュリティ対策: 2段階認証やSSL通信など、高度なセキュリティ対策が施されています。

料金

  • 無料トライアル: 最初の30日間は無料で全機能を試用できます。
  • 有料プラン: 月額料金があり、プランは基本的にユーザー数と利用する機能によって変わります。詳細はお問合せください。

おすすめしたいユーザー

  1. 工数管理に重点を置きたい方: CrowdLogは工数管理に特化しているため、この部分に特に注意を払いたい企業やプロジェクトマネージャーに最適です。
  2. 高度なレポートが必要な方: 複雑なプロジェクトの進捗状況を詳細に把握したい場合、CrowdLogの高度なレポート機能が役立ちます。
  3. セキュリティが重視されるプロジェクト: 高度なセキュリティ対策が施されているため、セキュリティが重視されるプロジェクトにも安心して使えます。

Notion

引用元サイト→Notion公式サイト

特徴

  1. 多機能なワークスペース: Notionは日報、スケジュール管理、タスクリスト、Wikiなど、多くの機能を一つのプラットフォームで提供します。これにより、工程管理(進捗管理)が非常に効率的に行えます。
  2. 高度なカスタマイズ性: ユーザーはテンプレートを使うことなく、自由にページのレイアウトやコンテンツをカスタマイズできます。プロジェクトのニーズに応じて、柔軟に工程管理(進捗管理)が可能です。
  3. リアルタイムコラボレーション: 複数のユーザーが同時にドキュメントにアクセスし、編集できます。これにより、チームメンバー全員がプロジェクトの進捗状況を常に把握できます。
  4. APIとの連携: Notionは他の多くのアプリやツールと連携可能です。これにより、既存の工程管理(進捗管理)システムとも簡単に統合できます。

料金

  • フリープラン: 個人利用に適した無料プランです。
  • プラスプラン:月額8ドル
  • ビジネスプラン:月額15ドル

おすすめしたいユーザー

  1. 多機能なツールを求めるチーム: Notionは多機能であり、一つのプラットフォームで多くのタスクをこなせます。
  2. 高度なカスタマイズ性が必要なプロジェクト: プロジェクトに応じて柔軟に設定を変更したい場合には、Notionのカスタマイズ性が活きます。
  3. APIとの連携が必要な企業: 既存のツールとの統合が必要な場合、NotionはAPI連携によってそのニーズに応えられます。

KANNA

引用元サイト→KANNA公式サイト

特徴

  1. 簡単な操作性: KANNAは非常に直感的なインターフェースを持っており、誰でもすぐに使い始めることができます。これは、工程管理(進捗管理)の初心者にとっても手軽に始められる大きな魅力です。
  2. シンプルながら多機能: タスクの追加、期限設定、進捗の表示など、必要な機能はしっかりと揃っています。シンプルながらも、しっかりとした工程管理(進捗管理)が可能です。
  3. オフラインでも利用可能: インターネット接続がない状況でも、KANNAはローカルで動作します。これにより、場所を選ばずに工程管理(進捗管理)ができます。

料金

  • ライトプラン、ベーシックプラン、エンタープライズプランがございます。
    詳細については、お問い合わせください。

おすすめしたいユーザー

  1. 工程管理(進捗管理)が初めての方: KANNAの使いやすさと無料提供は、工程管理(進捗管理)を始めたばかりの方にとって非常にアピールポイントです。
  2. オフライン環境で働く必要がある方: インターネットに頻繁に接続できない環境で働く方にも、KANNAは有用です。

MonoRevo(ものレボ)

引用元サイト→MonoRevo公式サイト

特徴

  1. 製造業特化の設計: MonoRevoは製造業に特化した工程管理(進捗管理)アプリです。生産スケジュールや在庫管理など、製造業で必要な多くの機能が網羅されています。
  2. データの一元管理: 顧客情報から生産データ、販売情報まで、すべての情報を一元管理できます。これにより、業務効率が大幅に向上します。
  3. AI搭載の最適化機能: 生産計画や納期管理などをAIが最適化してくれるため、人的ミスを減らし、より効率的な運用が可能です。
  4. 高度なセキュリティ: データの暗号化や多要素認証、バックアップ機能など、高度なセキュリティ対策が施されています。

料金

  • 初期費用: 0円から
  • 月額:9700円から
    *初年度は年間契約、12か月分を一括払いとなります

おすすめしたいユーザー

  1. 製造業に携わる企業: MonoRevoは製造業に特化した機能が多いので、この業界で活動する企業に特に有用です。
  2. データ一元管理を求める企業: さまざまな情報を一箇所で管理したい企業には、MonoRevoの一元管理機能が大いに役立ちます。
  3. AIの力を活用したい企業: 人的ミスを減らし、効率を上げたい企業には、AI搭載の最適化機能が非常に魅力的です。

Kintone(キントーン)

引用元サイト→Kintone公式サイト

特徴

  1. 高度なカスタマイズ性: Kintoneは、プリセットされたアプリテンプレートを利用するだけでなく、独自のアプリをゼロから作成することもできます。この高度なカスタマイズ性が、多様なプロジェクトや業務に対応可能です。
  2. リアルタイムコラボレーション: Kintoneはチームメンバー間でのリアルタイムのコミュニケーションを可能にします。コメント機能や通知機能により、進捗状況やタスクのアップデートを即座に共有できます。
  3. 外部システムとの連携: APIを活用して、CRM、会計ソフト、メールシステムなどと連携可能です。既存のシステムと簡単に統合でき、効率的な工程管理(進捗管理)が行えます。
  4. セキュリティ対策: データの暗号化やアクセス制限など、多層的なセキュリティ対策が施されています。

料金

  • ライトコース:月額780円
  • スタンダードコース:月額1,500円

おすすめしたいユーザー

  1. 多機能な工程管理(進捗管理)が必要な企業: Kintoneの多機能性とカスタマイズ性は、複雑なプロジェクトや多様な業務に対応可能です。
  2. 外部システムとの連携を考慮している企業: API連携が可能なので、既存のシステムとの統合が容易です。
  3. セキュリティが重要なプロジェクト: 高度なセキュリティ対策が施されているため、セキュリティが重要な企業やプロジェクトにも安心して使用できます。

楽楽販売

引用元サイト→楽楽販売公式サイト

特徴

  1. 販売特化の機能: 楽楽販売は、販売プロセスに特化した機能を提供します。在庫管理、顧客管理、売上分析など、販売に直結した各種機能が充実しています。
  2. クラウド型システム: クラウド型であるため、どこからでもアクセス可能です。これにより、リモートワークや外出先でも業務の進捗を確認できます。
  3. シンプルな操作性: インターフェースがシンプルで直感的なため、販売管理システムが初めてのユーザーも簡単に操作できます。
  4. セキュリティ対策: SSL暗号化通信や多要素認証など、高度なセキュリティ対策が施されています。

料金

  • 初期費用:150,000円
  • 月額費用:60,000円~

おすすめしたいユーザー

  1. 販売業に特化した管理が必要な企業: 販売に直接関連する多様な機能があるため、販売業を行っている企業に特に適しています。
  2. リモートワーク環境の企業: クラウド型であるため、場所に縛られずに利用できます。
  3. セキュリティが重要な企業: 高度なセキュリティ対策が施されているため、セキュリティが重要な企業でも安心して使用できます。

コラボフロー

引用元サイト→Collablflow公式サイト

特徴

  1. ビジュアル重視の設計: コラボフローはビジュアルに優れたダッシュボードとインターフェースを持っています。これにより、プロジェクトの全体像を一目で把握することが容易です。
  2. 多様なコラボレーション機能: チャットやコメント、ファイル共有など、チーム内でのコミュニケーションを強化する多様な機能が備わっています。
  3. 高度なカスタマイズ性: ユーザーはプロジェクトやタスクに関する多くのカスタマイズができます。これにより、独自の工程管理(進捗管理)方法にも柔軟に対応できます。
  4. セキュリティ対策: アクセス制限やデータの暗号化など、堅牢なセキュリティ対策が施されています。

料金

  • フリープラン: 基本的な機能を無料で利用できます。
  • プレミアムプラン: より高度な機能や大人数での利用を想定した有料プランがあります。料金はユーザー数や機能に応じて変動します。

おすすめしたいユーザー

  1. ビジュアルな工程管理(進捗管理)が好みの方: コラボフローはビジュアルに優れているため、視覚的な管理を好むユーザーに適しています。
  2. 高度なコラボレーションを求めるチーム: チャットやファイル共有など、コラボレーションに特化した機能が豊富です。
  3. セキュリティが重要なプロジェクト: 高度なセキュリティ対策が施されているため、セキュリティが重視されるプロジェクトにも適しています。

Asana

引用元サイト→asana公式サイト

特徴

  1. タスクとサブタスクの管理: Asanaはタスクやサブタスクを詳細に設定し、優先度や期限、担当者を明確にすることができます。
  2. ビジュアルなプロジェクトトラッキング: ガントチャートやカンバンボードなど、多様なビジュアルツールを使ってプロジェクトの進捗を一目で確認できます。
  3. リアルタイムコラボレーション: コメント、@メンション、ファイル共有など、チームメンバーとのリアルタイムでのコミュニケーションが可能です。
  4. 外部ツールとの連携: Asanaは多数の外部ツール(Slack、Google Drive、Microsoft Teams など)と連携が可能で、既存の環境にスムーズに統合できます。

料金

  • 基本プラン: 無料で、基本的なタスク管理機能を提供します。
  • プレミアムプラン: 有料で、より高度な機能(タイムライン作成、高度なレポートなど)を利用できます。
  • ビジネスプラン: 大規模チームや企業向けにはさらに高度な機能とサポートが提供されるプランもあります。

おすすめしたいユーザー

  1. 複数のプロジェクトを管理する必要があるチーム: Asanaは多様なプロジェクト管理ツールを提供しているため、複数のプロジェクトを効率よく管理できます。
  2. 外部ツールとの連携が必要な企業: Asanaは多くの外部ツールと連携可能なため、既存のビジネス環境に容易に統合できます。
  3. 高度なコラボレーションを求めるチーム: リアルタイムのコミュニケーション機能が充実しているため、チーム内のコミュニケーションが活発なプロジェクトに適しています。

Qasee(カシ―)

引用元サイト→Qasee公式サイト

特徴

  1. タスクと工数の一元管理: Qaseeではタスク管理と工数管理を同一プラットフォームで行えます。これにより、業務の効率化と進捗管理が一元化されます。
  2. 進捗の可視化: プロジェクトやタスクの進捗状況をグラフやチャートで一目で確認できます。これにより、プロジェクト全体の状況を把握しやすくなります。
  3. リアルタイムの共有: タスクの状況や工数をリアルタイムで共有できます。これがチーム内のコミュニケーションと透明性を高めます。
  4. 柔軟なカスタマイズ: プロジェクトやタスクに対する多くのカスタマイズが可能であり、企業やプロジェクトの独自のニーズに合わせることができます。

料金

  • サイトには載っておりません。問い合わせ下さい。

おすすめしたいユーザー

  1. タスクと工数の一元管理を求める企業: Qaseeはタスク管理と工数管理を一元化できるため、これらを効率よく行いたい企業には特に有用です。
  2. 進捗の可視化が重要なプロジェクト: グラフやチャートで進捗を確認できるため、進捗の可視化が重要なプロジェクトに適しています。
  3. 高度なカスタマイズが必要な企業: Qaseeは多くのカスタマイズが可能であるため、独自のニーズに対応する必要がある企業には特におすすめです。

TimeTracker NX

引用元サイト→TimeTracker NX公式サイト

特徴

  1. 時間トラッキングの精度: TimeTracker NXは時間トラッキングに特化しており、タスクにかかる時間を正確に計測できます。
  2. リアルタイムの進捗確認: 進捗状況をリアルタイムで確認でき、プロジェクトやタスクの進行具合を常に把握することが可能です。
  3. マルチプラットフォーム対応: ウェブブラウザ、スマートフォン、デスクトップアプリなど、多様なプラットフォームで利用できます。
  4. データエクスポート機能: 時間データをCSV形式でエクスポートできるため、レポーティングや分析が容易です。

料金

  • フリープラン: 基本的な時間トラッキング機能は無料で利用できます。
  • プレミアムプラン: 有料プランでは高度な分析機能、複数人での利用、優先サポートなどが提供されます。料金はプランによって異なります。

おすすめしたいユーザー

  1. 時間管理が重要なプロジェクト: TimeTracker NXは時間トラッキングに特化しているため、時間管理が重要なプロジェクトやタスクに適しています。
  2. リモートワーク環境の企業: マルチプラットフォーム対応であるため、リモートワーク環境でもスムーズに利用できます。
  3. データ分析が必要なチーム: エクスポート機能が充実しているため、データを独自に分析したいチームにも適しています。

日報くん

引用元サイト→日報くん公式サイト

特徴

  1. シンプルな日報作成: 日報くんは日報作成に特化しており、シンプルなインターフェースで日報を簡単に作成できます。
  2. マルチデバイス対応: スマートフォン、タブレット、PCなど、複数のデバイスで利用可能です。
  3. リアルタイムの共有とフィードバック: 日報はリアルタイムで共有され、上司やチームメンバーからのフィードバックを即座に受け取ることができます。
  4. 自動集計機能: 作成した日報から自動的にデータを集計し、グラフやチャートで表示する機能もあります。

料金

  • 1ヶ月の無料トライアルが可能。
  • ユーザ数に応じてプランが変化。
  • 61〜100人まで 4400円/月

おすすめしたいユーザー

  1. 日報作成が必須の企業: 日報くんは日報作成に特化しているため、日報が必須とされている企業やチームに特に適しています。
  2. リアルタイムのフィードバックが必要なチーム: リアルタイムでの日報共有とフィードバック機能があるため、即時のコミュニケーションが重要なチームにおすすめです。
  3. 多様なデバイスでの利用を考慮している企業: マルチデバイス対応であるため、オフィスでも外出先でもスムーズに日報作成ができます。

Conne

引用元サイト→Conne公式サイト

特徴

  1. 業務プロセスの自動化: Conneはルーチン業務を自動化する機能があり、時間と手間を大いに節約できます。
  2. 多機能ダッシュボード: 複数のプロジェクトやタスク、進捗状況を一覧で確認できるダッシュボードがあります。
  3. リアルタイム通知: タスクの更新や期限の近づきなど、重要な情報はリアルタイムで通知されます。
  4. API連携: 外部サービスとの連携が可能であり、さらに柔軟な業務運営が可能です。

料金

  • 無料プラン: 基本的な業務自動化とダッシュボード機能が無料で利用できます。
  • 有料プラン: 高度な自動化機能やAPI連携、優先サポートなどが提供される有料プランもあります。料金はプランによって異なります。

おすすめしたいユーザー

  1. 業務プロセスの効率化を求める企業: Conneは業務プロセスの自動化に特化しているため、効率化を重視する企業に特に適しています。
  2. 複数プロジェクトを一元管理したいチーム: ダッシュボードで複数のプロジェクトとタスクを一元管理できるため、多くのプロジェクトを運営するチームに有用です。
  3. API連携が必要な企業: 外部サービスとの連携が容易であるため、既存のシステムとの統合が必要な企業におすすめです。

ANDPAD

引用元サイト→ANDPAD公式サイト

特徴

  1. 現場とオフィスの連携: ANDPADは現場作業者とオフィススタッフがリアルタイムで情報を共有できるプラットフォームを提供します。
  2. 高度な工程表作成: インタラクティブな工程表を作成し、編集できるため、プロジェクトの進捗状況を詳細に管理できます。
  3. 資料共有と保存: 現場での写真や文書をクラウドで一元管理し、簡単に共有できます。
  4. セキュリティ対策: 高度なセキュリティ対策が施されており、データの安全性が保たれています。

料金

  • サイトには掲載ございません。問い合わせ下さい。

おすすめしたいユーザー

  1. 建設業や製造業の現場作業者: ANDPADは現場とオフィスの連携に特化しているため、特に建設業や製造業などの現場作業が多い業種に適しています。
  2. 詳細な工程管理(進捗管理)が必要なプロジェクト: 高度な工程表作成機能があるため、詳細な工程管理(進捗管理)が必要なプロジェクトにおすすめです。
  3. セキュリティが重視される企業: 高度なセキュリティ対策が施されているため、データの安全性が重要な企業にも適しています。

ダンドリワーク

引用元サイト→ダンドリワーク公式サイト

特徴

  1. 施工計画の最適化: ダンドリワークは施工計画の最適化に特化しており、計画から完了までの一連の工程を効率的に管理できます。
  2. ビジュアルなダッシュボード: プロジェクトの進捗やリソースの状況をビジュアルなダッシュボードで一目で確認できます。
  3. リアルタイムのデータ共有: 現場作業者とオフィススタッフがリアルタイムでデータを共有できる機能があります。
  4. マルチデバイス対応: スマートフォン、タブレット、PCなど、多様なデバイスで利用できます。

料金

  • 初期費用:20万円〜
  • 利用料:月額19,800円〜

おすすめしたいユーザー

  1. 建設業や土木業の現場管理者: ダンドリワークは施工計画の最適化に特化しているため、建設業や土木業などの現場作業が多い業種に適しています。
  2. 進捗管理が重要なプロジェクト: ビジュアルなダッシュボードで進捗を確認できるため、進捗管理が重要なプロジェクトにおすすめです。
  3. リアルタイムのデータ共有が必要なチーム: 現場作業者とオフィススタッフがリアルタイムでデータを共有できる機能があるため、即時のコミュニケーションが重要なチームに適しています。

Photoruction(フォトラクション)

引用元サイト→Photoruction公式サイト

特徴

  1. 写真ベースの工程管理(進捗管理): Photoructionは写真を中心に工程管理(進捗管理)を行う独特のアプローチを採っています。これにより、現場の状況を直観的に把握できます。
  2. クラウドストレージ: 現場で撮影した写真や資料をクラウドで一元管理し、簡単に共有や保存ができます。
  3. リアルタイムの進捗報告: 現場の最新情報をリアルタイムで報告できる機能があります。
  4. AI活用: AI技術を使って写真からの情報解析が可能であり、更に効率的な工程管理(進捗管理)が行えます。

料金

  • 初期費用:無料
  • 利用者数に応じた月額料金

おすすめしたいユーザー

  1. 視覚的な工程管理(進捗管理)を求める現場: Photoructionは写真ベースでの工程管理(進捗管理)が得意であり、現場の状況を直観的に把握したい現場に適しています。
  2. 大量の写真や資料を管理する必要があるプロジェクト: クラウドストレージ機能が充実しているため、大量の写真や資料を効率よく管理できます。
  3. AIを活用したい企業: 高度なAI解析機能があり、先進的な工程管理(進捗管理)を行いたい企業におすすめです。

Trello

引用元サイト→Trello公式サイト

特徴

  1. カンバン方式の工程管理(進捗管理): Trelloはカンバンボードを使用してタスクやプロジェクトの進捗を視覚的に管理できます。
  2. 拡張性とカスタマイズ: 多数のプラグインと統合機能があり、自社のワークフローに合わせてカスタマイズが可能です。
  3. リアルタイムの共同作業: チームメンバーとリアルタイムで情報を共有でき、協力してタスクを進めることができます。
  4. モバイル対応: スマートフォンアプリも提供されているため、外出先でも状況をチェックできます。

料金

  • 無料プラン: 基本的なカンバンボードと共同作業機能は無料で利用できます。
  • 有料プラン: 有料プランでは高度なカスタマイズ、優先サポート、統合機能などが提供されます。料金はプランによって異なります。

おすすめしたいユーザー

  1. 視覚的なタスク管理を求めるチーム: カンバン方式での進捗管理が得意なTrelloは、視覚的なタスク管理を望むチームに特に適しています。
  2. 柔軟なワークフローが必要な企業: Trelloの拡張性とカスタマイズ能力により、多様なワークフローに対応できます。
  3. リモートワーク環境の企業: リアルタイムの共同作業とモバイル対応があるため、リモートワークや複数の拠点に分散しているチームにも適しています。

工程管理(進捗管理)アプリを入れる具体的な5つのステップ

  1. ニーズの特定: まずは、自分たちのプロジェクトやチームが何を必要としているのかを明確にします。タスク管理、期限管理、コミュニケーション、など、何に一番焦点を当てるべきかを考えましょう。
  2. 予算と規模の考慮: 利用可能な予算と、プロジェクトやチームの規模に応じて、選べるアプリが絞られます。無料プランからスタートしても、後で有料プランに切り替えることも考えておきましょう。
  3. アプリの比較と選定: ニーズと予算に合ったいくつかのアプリをピックアップし、それぞれのメリット・デメリットを比較します。可能であれば、トライアル版を使って実際の操作感を確かめましょう。
  4. チームへの導入とトレーニング: 選定したアプリをチームに導入し、基本的な使い方を全員にトレーニングします。最初は簡単なプロジェクトで試して、徐々に本格的な使用へと移行していくと良いでしょう。
  5. 評価とフィードバックの収集: 導入後、一定期間使ってみた結果を元に、その効果を評価します。チームメンバーからのフィードバックも積極的に収集し、必要な調整を行いましょう。

まとめ

この記事を通じて、工程管理(進捗管理)アプリの多面的な側面について触れてきました。工程管理(進捗管理)アプリは、タスク管理の効率化からチーム内の透明性向上、期限管理の強化に至るまで、多くのメリットを提供しています。ただし、その一方で学習コストや費用、情報過多といったデメリットも存在するのが事実です。

選ぶべきアプリは、予算やチームの規模、そして使い勝手に応じて変わるため、自分たちのニーズに最も合ったものを慎重に選ぶ必要があります。アプリはあくまでツールであり、その効果はどれだけうまく使いこなせるかによるのです。

最後に、疑問や不明点があれば、どうぞお気軽にコメントやフィードバックをお寄せください。成功あるプロジェクト管理をお祈りします。

お役立ちブログの関連記事

【テンプレートあり】Notionで日報をするメリット

最強チームの作り方!部下のやる気スイッチを入れる3つのポイント

最強チームの作り方!部下のやる気スイッチを入れる3つのポイント

入社3カ月で辞めたがる新入社員 3つの処方箋とは

入社3カ月で辞めたがる新入社員 3つの処方箋とは

デキる上司はここが違う!部下へのスマートな仕事の任せ方

【オンデマンドセミナー】日報のプロが教える分かりやすい文章の書き方① 〜PREP法〜

お気軽にご相談ください

新着情報

【新機能追加予定のお知らせ】AIによる日報レビュー機能を5月8日に実装予定です。

【2024/4/19 1:00~3:00】メンテナンスに伴うサービス一時停止のお知らせ

outlookカレンダーの連携ができるようになりました

ダウンロードデータが直接Googleドライブに保存できるようになりました。

「日報アプリgamba!」、ITreview Grid Award 2024 Winterの最高位「Leader」を受賞

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!