KPI管理とは何か?あらゆる業界で必要とされている理由

2020年8月7日

KPI管理は、あらゆる業界で必要とされている評価指標です。これを理解しておくと、どの業界においてもマネージメント業務に活用できます。

役職等の組織内での立場に関係なく、理解しておく必要のある指標ですので、ぜひ理解を深めましょう。

KPI管理の画像

KPI管理とは何か?重要業績評価指標について

KPIとはキー・パフォーマンス・インジケーターの略で、日本語では「重要業績評価指標」と呼ばれます。

例えば、「売上を倍にしたい」という目標に対して、その目標を実現するためには「営業商談数のアップが必要」「商品単価を上げなければいけない」等、必要な項目が上がってきます。

この各項目の事をKPIと呼び、この各項目を数値化し達成度を管理することをKPI管理と呼びます。

重要業績評価指標の画像

営業所や小売店に欠かせない指標の一つ

KPI管理は、最終目標ではなく「プロセス目標」。営業所や小売店には欠かせない指標の一つと言われています。なぜかというと、店舗がどのような状態なのかを具体的に知る事が出来るからです。

KPI管理の良いところはその「状態」を数値で表現できること。小売店の場合「来店客数」「購買率」「客単価」が重要とされています。この三点をKPIとして目標管理すると、「来店客数は多いが客単価が低い」等、具体的な状態を数値で把握することが出来ます。

つまり、組織の状態を把握する指標としてとても優れているのです。

営業所や小売店に欠かせない指標の画像

施策の効果を把握する

「状態を把握する指標」ですので、あらゆる組織で活用することができ、事業部所単位であったり、プロジェクト単位でも活用できます。

例えば改善点を検討するとき、今までの取り組みが具体的に記録されていないという事はよくありませんか?KPI管理を行うと数値での指標が出るので、取り組みの良かった点や悪かった点を洗い出すことが簡単になるのです。

KPI管理をして目標達成しよう

KPIは日報で共有しましょう。他のメンバーがマネをすれば、チームみんなのスキルアップに繋がります。また、問題を共有することで、誰かが協力を申し出てくれることもあるでしょう。

日報なら自然なノウハウの共有が進み、コミュニケーションが活発になります。各事業部が今どんな取り組みをしているかはもちろん、誰がどんな事を考えていて、今どんな進捗状況なのかわかります。そうすると、周囲も積極的にフォローができ、連携がよくなります。

あなたのチームでも、日報でKPI運用してみませんか?まずは無料でお試しください。

 

 

お気軽にご相談ください