チームビルディング 目標達成するチームTOP

働き方の変化に対応する方法

2016年12月6日

近年、企業における労働者の働き方は大きく変化してきています。

働き方が変化してきている大きな理由は、「少子高齢化」という中長期的なトレンドと、「東京オリンピック」を控え「仕事」が急増してきていることの2つです。そしてアベノミクスによる労働市場の需給バランスの逆転現象が、現在顕著に現れてきており、その打開策が強く求められています。

この働き方の変化に、企業はどう対応していくべきか?解決策は、大きくは下記の二つです。

  1. 今まで活用していなかった労働力を活用する。
  2. 現在の働き手をさらに活用する。

この二つにどう対応していくかが、国内の企業、労働者、国、自治体に掲げられたテーマであり、その総称が「働き方の変化への対応」と言えます。

csss88_shitunai21292_tp_v

働き方の変化で会社の器が試される 労働環境を整えろ

これまでの日本の多くの企業は、全労働力人口の中で「フルタイマー×副業NG×完全出社」に対応できる労働者を正社員として雇用し、終身雇用で企業と労働者のWIN/WINを実現することに主眼が置かれていました。その枠組みの中で労働力の不足分を「非正規社員」として、「フルタイマー×副業NG×完全出社」の枠に入らない労働者を採用してきました。しかしここにきて、正社員の仕事が急増したことで、今まで非正規社員だった労働者にも正社員の門戸が開かれてきたのが実情です。

そして急速な労働市場の需給バランスの逆転現象がさらに進むことで、従来の考え方の転換が強く迫られています。そのような中、企業は非正規社員において主婦や、シニア、マルチワーカー、学生、障害者、外国人留学生等のパートタイム勤務者が正社員に準ずる形で活躍できる労働環境の改善を進めています。例えば、パートタイム勤務者に於いても能力を活かした仕事ができるように、雇用制度、給与待遇、クラウド等の情報共有システムを見直す等といったことです。

さらにいままでの正社員に関しても、他の企業での副業を認め、また副業者を受け入れるような制度の見直しが必要になってきており、それが企業の器としてブランディングされる時代になっています。

時代のトレンドに遅れをとるな 働き方の変化

このことは同時に、労働者の側に対しても働き方の変化を求めることにつながっていきます。

これまで正社員に対しては、「フルタイム×完全出社×副業NG」を約束することで生涯の雇用を守られてきました。しかし企業が働き方の多様化を促進することは、一方で正社員はよりパフォーマンスを高めなければ自分の給料が上がらないということにつながります。なぜなら、正社員と非正規社員が「同一労働同一賃金」の考え方によって、同じ尺度で評価されることになるからです。そして正社員といえども、結果を出し続けなければ、会社に必要とされ続けることができないこと意味するということであるからです。そういった意味では、働き手が常に自身の能力を高め続けることを求められる時代になったといえます。

企業が多様な働き方を認めることと、働き手がパフォーマンスを高め続けることはWIN/WINであり、終身雇用と副業NG時代の終焉と言えるでしょう。

働き方の変化で社会が変わる 会社にとらわれない働き方

企業の変化と働き手の変化という2つの変化は、社会が変化することを意味しています。国としても、アベノミクスの下でさらにこの流れは促進されており、「働き方改革」の法案審議などを通じて、法律自体、さらには国のあり方も大きく変化していくことは避けらないと考えるべきでしょう。

そして、新しい働き方をさらに促進していく上において非常に大事になってくるのが、いかに「情報共有」を活性化していくかという点です。

今後は、企業と働き手の関係において、「フルタイム雇用契約」がどんどん減少し、「パートタイム雇用契約」や、「業務委託契約」という会社にとらわれない働き方がもっともっと増加すると考えられます。今までのような毎日社員が同じ時刻に毎日出社するという状態は、どんどんなくなり、仕事場所も社内、自宅、カフェ、コ・ワーキングスペース等どんどん多岐に渡ってきます。

そのような中で、従来型の「朝会」「連絡ノート」「掲示板」はどこまで情報共有として機能するのでしょうか。もはや、このようなコミュニケーションも過去の遺物というっても過言ではありません。

では、働き方の変化において、どのような 情報共有のあり方が求められているのか。

これは、クラウド上というバーチャル空間に、もう一つの会社組織を組成し、そこでリアルタイムでの情報共有を行える仕組みを構築していくという形です。

リアルで、顔を合わせるとは1回もないが、バーチャル上での会社組織においては、全員が繋がっており、リアルタイムでの情報共有ができるという状況を作れば、働き方の促進をもっともっと図ることができ、社会もどんどん変化していくと思います。

pak15_notepenhikkiyougu20140312_tp_v

働き方の変化に対応する方法のまとめ

労働環境の整備をはじめとした働き方の変化に対応するための企業に求められる変革や、そこで働く労働者に求められる意識改革、さらに会社にとらわれない働き方を促進するための情報共有のあり方について議論しました。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、働き方の変化に対応するための情報共有を促進させるための機能が満載です。

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能
  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能
  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

android-sales

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!