日報の活用術 日報の活用術TOP

効率よく目標を達成する方法とは?

2016年12月6日

目標をいかに効率よく達成するかが、仕事の出来る人と出来ない人の違いでといっても過言ではありません。効率よく目標を達成するためには、自身の業績を数値化することが重要です。進捗率や達成率等、様々な数値が関わってきますが、大事なポイントを押さえておくことによって仕事の効率はあがります。

目標を達成する画像

目標達成率をあげるために、まずやらないといけないこと

目標達成率を上げるためには、まずは目標達成に必要な項目を洗い出します。営業職であれば、契約件数100件といった目標を、いつまでに達成すべきか考える必要があります。仕事であるという事は、常に限られた時間の中で目標達成をしなければいけないという事。限られた時間の中で目標を達成するためには自分の手数はどれだけ必要なのか考えましょう。

100件の契約を得るために100件の営業活動を行えばいいかというとそうではありません。契約率が関わってきます。これは今までの自身の成績をもとに、検討が必要。また、自身の営業方法として色々なツールがあるのであれば、ツール毎の率を出しておくことも一つでしょう。

目標達成率をあげる画像

目標達成率をあげるためには、何を測定するかが重要

目標達成率を上げるためには、いかに効率よく自身の行動をマネージメントするかがポイントになります。単独ではなく他の人が関わるミッションであれば他の人のマネージメントも必要になるでしょう。

人の行動をいかに管理し目標達成率を上げていく。ですが、前段でもあげだとおり、測定する項目は重要度毎に分けて管理するべきです。目標達成に必要なポイントを押さえる事が大切になってきます。管理するための項目ではなく、目標達成するために必要な項目を押さえることが大切になります。

逆に、目標達成率が下がってしまったときはどうするか?この場合でもチャンスはあります。なぜ下がってしまったのか?を考えることが目標達成率を上げるポイントになるはずです。

目標達成率をあげる画像

目標達成率が上がったあとにしなければならないこと

様々な項目を測定し、目標達成率が上がってきたら次はどうするか。その後の行動が、今後の自分自身の成長に大きくかかわってきます。達成率が上がった後にやらなければいけない事は、なぜ達成できたのか?を分析し評価すること。ここでの見直しが次のビジネスにつながる大事な項目になります。

PDCAサイクルという言葉がありますが、計画・実行・分析・次の行動というように一つの目標達成の後は、行動の見直しを行い次の行動に向けて改善を図っていくことが重要です。

これが自分自身の経験となり成長につながります。仕事に終わりはありません。それと同時に仕事に区切りをつける事も大切。目標達成の後は次の仕事の為に自分自身を見直しましょう

目標達成率が上がった画像

効率よく目標を達成する方法 まとめ

仕事を進めるうえで、自身の目標達成率を管理することは、自分自身の成長に直結します。目標達成率を管理することにより、自分自身のレベルが見えてきます。人の管理をする前に自分自身の管理が出来ていなければ人から信頼される仕事は出来ないでしょう。

効率よく目標を達成する方法の究極は、自分自身が成長する事だと私は思います。一つ一つの積み重ねこそが目標達成の近道。目標達成率の管理は必要です。目標達成を継続するためには、日報を書き日々の業務の中でPDCAサイクルを回し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能が満載です。

効率よく目標を達成する画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!