リーダーシップ 目標達成するチームTOP

上司とは部下を育て組織力を高める人である

2016年12月14日

「上司とは何か」このテーマについて部下を持つ上司の立場になって、初めて考えたという人も多いのではないでしょうか。上司とは簡単な仕事ではありません。その理由は自分にも課せられた目標がありながら、部下も育成・指導する必要があるからです。中間管理職としての立場をこなすことは簡単ではありません。

では上司の在るべき姿とは、どのようなものなのでしょうか。それは部下を育てる資質を持っていることです。今回は上司としての部下との向き合い方、そして上司の在り方について紹介します。

0i9a093815030132ryouude_tp_v

上司が尊敬できるかどうかで部下との関係は変わる

上司とは部下から尊敬されていなければいけません。尊敬がなければ部下はついてこないからです。では一体どうすれば、部下から尊敬されるような上司になれるのでしょうか。それは自分自身が尊敬できる上司から学ぶことです。つまり社内のロールモデルを見付ければいいのです。

部下から尊敬されることは簡単ではありません。ちょっとした言葉の齟齬が、部下からの不信の原因となることも少なくありません。上司とは辛い立場でもあるのです。しかしロールモテルとすべき先輩がいれば、その人から学ぶことができます。問題が起きた場合は、相談相手になってくれるかもしれません。部下から尊敬を獲得するには、それなりの時間が必要です。特に昇進していきなりこれまでの同僚の上司となった場合、嫉妬や妬みも社内では発生します。上司とはそういったものも乗り越えなければならないのです。

上司とは経験と知識を部下に教える立場にある者

また上司とは、経験と知識を部下に教える立場でもあります。そのため、業務について卓越した技術と知識を有していなければいけません。上司とは、ただマネジメントスキルがあるだけで務まるものではないのです。では経験と知識はどうすれば培うことができるのでしょうか。

その手段はたった一つです。それは、一つ一つの仕事を真剣に行い続けることです。一つ一つの仕事に真剣に向き合えば、「もっとよくするためには、どうすればいいのか?」考え、必要な知識を学ぼうとし、その試行錯誤の中で経験は蓄積されていきます。そのため、どれだけ新入社員として入社した時点で能力が低かったとしても、それを続けることで。上司と呼ばれる地位にたどり着ける可能性は誰にもでもあるのです。実はビジネスマンとして大切なスキルは、ある業務に対して「どれだけ真剣に向き合えるか?」そしてそれをどれだけ継続できるかです。

yota93_udewokumubiz15121216_tp_v

部下のモチベーションを下げるのは上司とは言えない

上司とは、部下のモチベーションを上げ、部下の能力を最大限に引き出し、組織としての力を最大化する人です。そのため、部下のモチベーションを下げ、生産性を下げてしまう人物は上司とはいえません。では、部下のモチベーションを高める為には、どのようなことが必要なのでしょうか。

それは前述したことにつながりますが、部下から尊敬されていることです。上司とは、部下から尊敬されていることで、部下のモチベーションを高める存在に自動的になれるのです。良い上司についた経験がある人なら、誰でも一度は持つ感情があります。それは「この人の為に頑張りたい」という感情です。そう思われる存在になっておけば、テクニックで部下を鼓舞する必要もありません。

勿論テクニックで、部下の気持ちをコントロールすることはできます。それは恐怖を煽る、または快楽だと感じる報酬を与えるなど、心理学の技術を使えば難しいことではありません。しかしより良い上司を目指すなら、テクニックではなく存在感で部下のモチベーションを高めることを考えるべきです。

上司とは部下を育て組織力を高める人である まとめ

上司とは誰にでもできる役割ではありません。その証拠にあなたの会社にも同期入社でありながら、現在では全く立場が違うという人もいるのではないでしょうか。上司になることは、さらに上の上司から認められることでもあります。そして、ただ仕事ができれば就けるポジションではないのです。上司とは、部下からの尊敬を集める人間力と経験を備えた、優秀な人材であり、それによって組織力を高めることができる人物が就ける役割なのです。

しかし人間は完璧ではありません。今回紹介したのは、理想の上司像です。あなたが上司の役割を与えられた場合、まずは理想を持ちましょう。そして一つ一つの仕事に真剣に向き合い、自分を高め、「どうすれば組織力を高められるか」を考えることから始めてみてはいかがでしょうか。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や、組織力を高めるための支援機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!