コーチング 目標達成するチームTOP

「使えない部下だ」と嘆く前に上司自身がまず見直すべきポイントとは?

2016年12月21日

部下が使えない」と思ったことはありませんか。もっと仕事ができたなら、もっと自主的に動いてくれたら・・・と思って悩んでいる方も多いと思います。今のままではいつまでたっても悪循環が続くだけです。部下をできる部下にする為にはどうしたらいいのか?原因がわからないといつまでも解決しません。これを機会に部下について、上司として自分は何が出来るのか考えてみませんか?ちょっとした工夫で、部下が変わるかもしれませんよ。

使えない部下だと嘆く前に① 部下の心を知ろう

「部下が使えない」と思った時には、「部下は仕事や上司のことをどのように思っているのか?」を考えてみましょう。まず仕事自体に不平や不満があれば、それが仕事に対するモチベーションを下げているかもしれません。上司に対して、そうしたことはなかなか言いにくいもの。

また、「家庭やプライベートで何か問題があり、仕事が手に付かない」などの原因があるかもしれません。そういったときは例えば、「最近元気はないように見えるけど、何かあった?」など休憩時間に話しかけたり、周りの人にリサーチをかけるのも良いかもしれません。上司としては、 部下が使えないと思う前に、まず「どうしてそのような状態になっているのか」という原因を探ることが必要です。

9258f936595f11e5a8e5851081290717_s

使えない部下だと嘆く前に② 部下の立場に立って見直そう

一度人の上に立つ仕事をしてしまうと、自分が部下だったときのことや当時の気持ちを忘れてしまいがちですよね。例えば「こういう指導をされて嫌だったな。」とか「こういう上司は嫌いだったな。」「この仕事は嫌いだった・・・」ということもあるでしょう。部下が使えないと思った時には、もう一度自分が上司の下で働いていた時のことを思い出してください。そして、部下の立場に立って考えることが必要です。

考える時は、部下の顔ではなく「上司としての自分の顔」を思い浮かべて考えると、想像がしやすいですよ。部下が使えないというとき、上司としてのあなたは部下からどう見られているのか、考えてみましょう。客観的に考えることが大切です。

使えない部下だと嘆く前に③ 自分自身はできているか振り返ってみよう

「部下が使えない」という前に、自分自身はきちんとできているか、考えていますか?例えば部下の前でだらしない姿を見せたり、仕事の愚痴を言ったりしていませんか?部下に不当に仕事を押し付けたり、残業を頼んだりしていませんか?そして、自分はさらに上の立場の人からどう見られているのか、考えてみましょう。

「この人は信頼できる」「この人の下なら働きたい」と思う上司のもとでしか、部下は成長しません。部下が使えないときは、言い換えれば上司が悪い場合もあるのです。上司は部下をまとめ、らに成長できるよう、指導や教育をする立場にある人のことです。その立場と役割を改めて考え、部下の前での立ち振る舞いを今一度見直してみましょう。

589d82d41d41f512c5e9b15c116ffaac_s

「使えない部下だ」と嘆く前に上司がまず見直すべきポイントとは? まとめ

「部下が使えない」というときは、まずその原因について考えることが重要です。その上で、上司として自分はどう見られているか?どうしたらよいのか客観的に考えて振り返ってみましょう。部下が使えないままにするのか、仕事が出来るよう成長させるのかは上司である自分の裁量しだいです。部下に全てを求めるのではなく、「では自分は何ができるか?」を考えていく事で、使えない部下をどうするか、解決の糸口が見えてきますよ。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報で部下のPDCAを支援するための機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能


ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!