目標達成 目標達成するチームTOP

私はこの方法で成功した!46名のチームで会社の目標を達成した方法とは? 

2017年1月4日

目標を設定して達成することは、ビジネスマンにとって欠かせないスキルの一つです。何故ならどんな業種にも達成すべき目標があるからです。事業を営む上で現状維持はあり得ません。常に新しい目標を立てて、それを達成していくことがビジネスの基本だからです。

しかしながら目標を計画通り達成することは簡単ではありません。それは個人であってもチームであっても同じことです。ではチームで目標を達成することを考えた場合、どのようなことが大切になるのでしょうか。今回はチームで目標を達成した事例を元にそのポイントを紹介します。

7de3fec9124c130603ae39d4f00a20af_s

目標を共有すること!これが達成への道のりの第一歩

チームで目標達成を目指すなら、まず考えなければならないことがあります。それは目標を共有することです。個人の目標達成を目指す場合は、自分のモチベーションを鼓舞できればそれで何とかなるかもしれません。しかしチームで目標を達成するのであれば、まずはチームメンバー全員が同じ方向を向くことが大切なのです。ではどうすれば効率的にチームメンバーで目標を共有することができるのでしょうか。そのためには三つの手順を踏む必要があります。それは次の通りです。

ステップ1 リーダーが目標達成までの道筋を明確にする

ステップ2 チームメンバーへ向けて全体周知する

ステップ3 チームメンバーと個別に会話し、モチベ―ションを高めていく

この三つのステップのうち、1と2は誰もが実践することです。この前提が抜けてしまうとそもそも目標に向けてチームが行動を起こすことができないからです。

キーワードはコミュニケーション!目標達成にはマメな交流が欠かせない

リーダーが目標達成への道筋を理解して、チームメンバーへ向けて周知すること。これがプロジェクトを始めるためには欠かせないのは前述した通りです。しかし多くの目標達成を目指すチームリーダーが、抜け落ちる対応があります。それがチームメンバーと個別に会話することです。

複数人のメンバーがいるチームになると、必ず二種類の人間に分かれます。それは目標達成に前向きな人達と、目標達成に対してネガティブな姿勢をとる人達です。前者は放っておいても協力してくれるので過度に干渉する必要はありません。しかし後者はチームリーダーがマメに交流を図らなければ、協力してくれることはありません。泥臭いかもしれませんが、非協力的な人に行動させる有効な手段は、頑張っている姿勢を見せながらさらに「協力して欲しい」と具体的な内容を持って行動を促すことです。

fa1f6e6b8e7da5eb17df9c9d07014828_s

一致団結!チームの絆で目標を達成しよう

目標を達成させる為には時間がかかったとしても、一人ひとりに話しかけることが欠かせません。一人ひとりと対話することはチームメンバーが多いほど、時間がかかります。実際に46人のメンバーと面談すると半日~丸1日かかる可能性があります。しかしこの時間の投資をすることがチームメンバーの団結には欠かせないのです。そのため大人数のチームメンバーを率いて目標を達成させるなら、時間はかかるものだと考えておいた方が健全だといえるでしょう。

非協力的なメンバーを行動させることは簡単ではありません。しかし諦めなければその情熱に負けて協力してくれる人も現れてくるものです。目標達成に向けてチーム全員の気持ちを一致団結させることは簡単ではありません。しかし真摯な態度で一人ひとりと向き合えばチームの絆が強くなり目標を達成できる可能性は高められるのです。

私はこの方法で成功した!46名のチームで会社の目標を達成した方法とは?まとめ

今回紹介した目標達成のポイントは、あるチームの実例を元にしたものです。そのチームは総勢46名。年齢は20代〜60代。正社員も非正規雇用も混ざるチームで、取り組むプロジェクトでした。年代が違うだけでも団結することは難しいわけですが、さらに輪をかけるように雇用形態も異なるメンバーが集まるチームだったのです。このようなメンバーだと一見団結するのは難しいと考えるかもしれません。しかし今回ご紹介したような真摯な対応をチームリーダーが心がけることで、目標達成できる確率は高められます。今後新たに複数人のチームを率いる場合、チームメンバーと個別に向き合うことも検討してみてはいかがでしょうか。

また、目標達成を継続するためには、日報を書き日々PDCAサイクルを回し続けることが大切です。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々のPDCAサイクルを回すための機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!