リーダーシップ 目標達成するチームTOP

新入社員のやる気を引き出す3つの「魔法の言葉」とは?

2017年2月14日

新入社員の本音に寄り添ったり、いいところを見つけ、こまめに伝えたりするうちに、上司と新入社員との間に信頼関係ができていきます。新入社員から「この人の仕事なら頑張ろう」と思ってもらえると、チームの雰囲気が変わります。今回は、そんな新入社員のやる気を引き出す言葉や、不安を和らげる言葉を紹介します。

新入社員のやる気を引き出す画像

新入社員のやる気を引き出す魔法の言葉① 部下の不安を和らげて安心させたいとき

新入社員のミスが発覚した直後、一番動揺しているのはミスをした本人ですよね。そんな時、上司から追い打ちをかけるのではなく、まずは「大丈夫だから、大変だったね」と安心させてあげることが大切です。

同じミスを繰り返した時は、「これで◯回目だよね」と言ってしまうと、「ミスされて迷惑」という本音が見えてしまい、部下を責めることになってしまいます。「間違ってしまいがちなところだけど、これだとお客様が困るでしょ。」と顧客視点で伝えたり、そのミスによってどんな悪影響があるのかという視点で伝えるようにししょう。

間違っても、失敗に対する指導を、「ミスをされて、私が迷惑だ」という上司個人の感情だと捉えられるような言葉は使ってはいけません。また、新入社員が「自分にはできません」と言ってきたときには、その「できません」の言葉の奥にある、不安な気持ちを受け止めることが大切です。

リーダーから「任せすぎてごめんね」などといった労りの言葉があると、「もう少し頑張ってみます」と態度が軟化し、新入社員自身も「もう少し頑張ってみよう」という気持ちになるものです。

部下の不安を和らげる画像

新入社員のやる気を引き出す魔法の言葉② 本人の本気を引き出したいとき

新入社員に仕事を頼むときは、「忙しいと思うけど、この仕事はぜひあなたにやってほしい。」という伝え方を工夫し、新入社員に「やらされ感」を与えないようにするようにしましょう。「あなただからお願いしたい」と自尊心を満たす言い方であれば、新入社員もその仕事に責任を持って取り組んでくれるようになります。

指摘事項は、「ここはこうじゃないだろう」といった否定的な言葉ではなく、「ここを変えたら、もっと良くなるんじゃない?」という肯定的な言葉で、どうすればもっと良くなるのかを、前向きな言い方で具体的に伝えて仕事の質を上げていくことが大切です。

この言葉には、「今の時点で、すごく良い状態だよ、だけどこうしたらもっと良くなるよ」という、新入社員の今の成果を認めているという意思表示になります。まずは、今仕上げてきた新入社員の成果を認めたうえで、指摘事項や修正してほしい箇所があれば、「より精度を上げるために…」といった話の進め方をするように意識しましょう。

本人の本気を引き出す画像

新入社員のやる気を引き出す魔法の言葉③ チームの団結力を高めたいとき

中間管理職の方に、特に気を付けてもらいたいのが、新入社員のミスを自分の上司から指摘されたときの対応です。新入社員のミスを、自分の上司から指摘されたとき、ミスをした社員の名前を出すことは、「私の責任ではない」と言っているのと同じことになってしまいます。

あなたは、新入社員の上司である以上、新入社員のミスも自分の責任として対応する義務があるのです。この場合、「申し訳ありません。すぐ対応します。」と、しっかり自分の責任と受け止めて対応する態度が、新入社員への信頼につながるようになります。

また、リーダーがすべての答えを持っていると思われてしまうと、新入社員をはじめとした周りのメンバーは何も考えなくなってしまうので、「気づいたことがあったら遠慮なく言ってね。私だけじゃできないから」と普段から周りを頼る姿勢を大切にし、何か意見が出てきたら「言ってくれてありがとう」と1人1人の貢献に感謝を伝えるように心がけると、チームの一体感も出るようになってきます。

チームの団結力を高める画像

あなたの言葉のかけ方一つで、新入社員もチームも変わる

あなた自身がどのように新入社員やチームのメンバーに言葉をかけるか、その言葉の選び方一つで、新入社員の働き方や精神面、上司との信頼関係などが大きく変わります。これらのことを、日ごろからしっかりと意識し、長期的にかかわっていくことで、新入社員の本音を引き出したり、やる気を引き出す言葉をかけることができようになるのです。

新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメ。上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新人養育の支援機能が満載です。

あなたの言葉のかけ方一つで、新入社員もチームも変わる画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!