リーダーシップ 目標達成するチームTOP

最強チームの作り方!長所を認めて部下のやる気スイッチを入れる3つのポイント

2017年2月14日

チームの仕事は、メンバーがそれぞれの力を十分に発揮できることで、チームの業績は大きく変わります。そのためには、「お互いの長所を認め合う」ことが大切です。長所を認め合うことでモチベーションがアップしますし、仕事がスムーズに進みます。

では、お互いの長所を認め合えるチームを作るためにはどのようなポイントに注意をすると良いのでしょうか。

PASONA_8_TP_V

部下のやる気スイッチを入れるポイント① まず長所を伸ばしてから欠点を直す

チームのメンバーにはそれぞれ、得意なこともあれば苦手なこともあります。しかし一緒に仕事をすると、なぜか長所ではなく欠点ばかりが目につきがちです。しかしお互いの欠点を責め合ってばかりいては、チームの雰囲気は悪くなる一方ですし、仕事に対するやる気も損なわれてしまいます。

しかしチームのメンバーの長所を生かし、お互いの欠点を補い合うことができれば仕事をスムーズに進めることができます。上司はメンバーの長所と欠点を把握し、適材適所の仕事を割り振るようにしましょう。

仕事がスムーズに進むことで気持ちにゆとりができ、お互いの長所に目が向きやすくなります。長所に目を向けることで、仕事に対するやる気も生まれます。まずは長所を十分に発揮させることを優先し、欠点や苦手なことを克服するのは、仕事がスムーズに進み余裕ができてからにしましょう。

部下のやる気スイッチを入れるポイント② 長所を言い合える雰囲気を作る

チームのメンバーがお互いの長所を認め合うためには、お互いの長所や得意なことを褒め合える雰囲気作りが大切です。人は認められるとモチベーションが上がり、持っている能力をより発揮することができます。

欠点ではなくお互いの長所に目を向けそれを互いに認め合うことで、一人一人が力を発揮することができ、結果としてチームの成功につながります。そのためには、上司が率先してメンバーの長所を認める言葉がけをすることが大切です。チームのリーダーがメンバーの長所を声に出し認めることで、お互いの長所を知るきっかけになりますし、長所を言い合いやすい雰囲気になります。

また、チームのメンバー間の信頼関係を築くこともポイントです。信頼関係が十分にできていないのにお互いを認め合うことはできません。信頼関係を築くためには、コミュニケーションを円滑にすることが大切です。そのために、上司は部下の意見に耳を傾け、まずは否定せずに受け入れるようにしましょう。

意見を否定され続けると、意見を言うことが嫌になってしまいます。これでは円滑なコミュニケーションが図れません。上司が意見をしっかりと聞くことで、チームの中に発言しやすい空気が生まれ、コミュニケーションが円滑になります。コミュニケーションが円滑になると、信頼関係も生まれやすくなります。

PASONA_17_TP_V

部下のやる気スイッチを入れるポイント③欠点を伝えるときは長所も同時に伝える

部下の欠点を指摘するときは、みんなの前で言わずに1対1で伝えましょう。みんなの前で言ってしまうと、みんなが部下の欠点に注目することになりますし、部下のプライドも傷ついてしまいます。

欠点を伝えるときは、伝え方も重要です。「これができていないから直しなさい」とストレートに伝えてしまうと、やる気を失ってしまうことがあります。しかし「ここはまだ出来ていないけど、それよりも今は長所を伸ばそう」という風に伝えると、欠点を自覚させつつ前向きな気持ちにさせることができます。

欠点だけを指摘されると、自分が否定された気持ちになり仕事へのモチベーションが下がってしまいますが、欠点だけではなく長所も同時に伝えることで、モチベーションが上がり、アドバイスを素直に受け入れることができます。

それぞれの長所を発揮して最強のチームに!

最強のチームは、同じような個性のメンバーばかり集めても成り立ちません。個性の違ったメンバーが集まるからこそお互いの弱みを補いあい、チームとして大きな力を発揮することにつながるのです。しかしそれぞれのメンバーが自分の個性や能力を十分に発揮できなければ、チームとして力を発揮することはできません。

上司だけではなく本人やチームのメンバーが、それぞれの長所を把握し認め合うことで、それぞれが力を発揮させることができ、最強のチームになるのです。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回す支援をし続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準設定されているだけでなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や上司のための支援機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!