新入社員教育 日報の活用術TOP

新人教育がうまい上司とできない上司 3つの違いとは?

2017年2月21日

新人教育のコツと言われて、即答できる人は少ないのではないでしょうか。新人に仕事を覚えてもらうためには、上司であるみなさんの工夫が必要。仕事の教え方一つで、新人が素早く仕事を覚え、即戦力になるかどうかが決まります。新人にうまく仕事を教えることができる上司になるには、どんなポイントをおさえればよいのか紹介します。

新入社員の画像

新人教育ができる上司① 一段ずつステップを追って教える

新人には「まずこれを覚えて、一人でこなせるようになってから次の工程へ進もう」という形で、一つずつ段階を追って教えましょう。教え方のダメな上司は、ついとりあえず全部やらせて、「わからないことだけあとから聞きにきて」というやり方をやってしまいがち。

これでは新人も一度に覚えることが多過ぎて、ついていけなくなってしまいます。工程をひとつずつマスターすれば、何ができて何ができないかを上司も把握しやすく、教える側も楽。新人も、ステップごとに「今日はこれができた」「これを覚えられた」と自信をつけることができます。

ステップを追って教える画像

新人教育ができる上司② 部下の失敗の理由にきちんと向き合う

依頼した作業に時間がかかった時に「ありがとう!仕事に時間がかかったけど何かあった?」と聞けるかどうか。「この程度の仕事に時間かけるな!」と頭ごなしに注意してはいけません。

新人がなぜうまくやれなかったのか、その理由にきちんと向き合い、問題を解決しましょう。時には解決方法を教えることも必要。また、失敗したときに、新人が素直に報告や相談をできる信頼があることが大切。

教えることに熱心になるあまり、つい怒ってばかりいては、新人の自尊心も傷つき、「失敗して怒られたらどうしよう」と萎縮してミスを隠してしまう場合も。失敗を許容し、一緒に問題を解決する広い懐のある上司が、新人から信頼される上司です。

きちんと向き合う画像

新人教育ができる上司③ 教えるための段取りを組む

新人から仕事に関して質問されても、聞かれたことにだけ答えるのでは、本人はいつまでたっても成長しません。一度教えれば覚えさせたつもりになっていませんか。新人教育するには、教える側の段取りが重要になってきます。

仕事にはいくつもの工程があり、いま自分が全体の中で何をしているのかを意識しなくては仕事の全体像を把握できません。また、その仕事を言われるがまましているだけでは、何の役に立っているのかという意味が見えてきません。

その日その場限りの指導をすることはやめ、どれぐらいのスパンで、どの仕事を教えるという明確なビジョンを考え、そのためにはどのような教え方をすればよいか、段取りを組むようにしてください。

段取りを組む画像

新人教育ができる上司は、部下の信頼を集める

新人にとっても、はじめて仕事を教わる上司がどのような指導をしてくれるのか期待しています。新人がどのように成長するのかは、仕事を教える上司の腕の見せ所。将来自分の右腕として、仕事をすることになるかもしれない新人を生かすも殺すも、自分次第。

ぜひ自分の新人の指導の仕方を工夫し、効率的な指導を行っていきましょう。新人が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメ。上司は新人の日報をよく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新人育成の支援機能が満載です。

部下の信頼を集められる画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!