リーダーシップ 目標達成するチームTOP

部下を「叱って伸ばす」は上司の勘違い!?

2017年3月29日

部下にダメ出しを繰り返し叱ることが常態化している組織は、今の時代も根強く残っていますよね。いまの時代、部下はそういう盲従的な上下関係を好みません。「俺の背中を見て付いて来い」的な育成方法もとっくに終焉を迎えました。

では、現代社会に見合った社員それぞれの多様な価値観を受け止めつつ部下を育てる方法とはどのようなものがあるでしょうか。ポイントをピックアップして紹介させていただきます。

YOTA82_atamakakaeru15123152_TP_V

部下を叱って伸ばすの間違い①「きちんと話せば言うことを聞く」というのは上司の幻想

上司が常に部下を誉め、部下の声に耳を傾ける姿勢をもって接するようにすると、部下は前向きな思考を持つようになります。逆に上司が一方的に説得しようとすると、部下の内面に変化は生まれず、押し付けられているような感覚に陥るだけなのです。

「きちんと話せば言うことを聞く」というのは上司の幻想であり、その場で部下が「わかりました」といったとしても、それは「納得した」という意味ではなく、「あなたの指示していることを理解できました」という意味なのです。本来人は、物事の考え方ひとつでも、しっかりと腹に落ちないと行動を変えられません。

そしてその行動は意識によって変化するのです。上司が持つべきリーダーシップとはその意識を変えることであると言えます。そのためには1.部下のよい点を認める2.部下の考えを理解する3.上司が助言する4.やることを自己決定させる5.上司が部下に任せるという5つのステップがとても大切になります。

当たり前のことばかりですが、実際働き方に取り入れようと思うと、しっかりと常日頃から意識しないとできることではありません。部下からイエスを取ることを急がないで、ときには「1」と「2」に時間をかけることも大切なのです。

上司として育成をするにあたって、大きく求められるのは「我慢」や「根気」です。人の気持ちはデリケートで1度や2度の面談では済まないことも多いため、「何度言ったらわかってくれるんだ」なんて思っていると、平行線で終わってしまいかねません。様々な考え方があることを前提に考えたうえで、しっかりと歩み寄るように意識して接していくようにしましょう。

部下を叱って伸ばすの間違い②「叱る」が常態化すると考えない組織になる

真面目に働いているのにミスを繰り返す部下、人はいいのになかなか売れず、業績の上がらない営業マン等、部下に対する悩みは尽きませんよね。だからといって、「何度言ったら治るんだ」「とにかく契約を取ってこい!」などと叱ることが常態化してしまっては、部下にとっても上司にとっても、ひいては会社にとってもいいことは一つもありません。

この「叱ることが常態化している」ということ自体に会社のリスクが潜んでいることに気がづいてください。一方的に上司から指摘や叱咤を受けた部下は納得しないまま「わかりました」と言ってその場を早く切り上げるようになります。そうなると、上司は部下が理解したものと思いこみ、次の成果に期待するが、結果にズレが生じてしまうのは当然です。

また、部下は自分で考えていないため、何かあっても軌道修正ができないという問題点も発生します。こうして再び叱責に戻るという負のスパイラルが出来上がるのです。また、往々にして、その部下は同じことを下にやります。そうやって考えない組織文化ができ上がっていくことが、会社にとっての一番のリスクなのです。

YOTA82_sorehabatu15123856_TP_V

「叱る」ことは思考を停止させる行動になりかねない

時には愛情を持った叱咤が必要だという意見ももちろんあるでしょう。しかし、その叱ること自体が常態化している企業では、社員が自ら自分で考えて行動することができなくなります。上司の期待にとりあえず応えることばかりを追い求めてしまう部下を育てていくことになります。

いつまでたっても部下は育たず、上司はさらに激しく叱ることを繰り返すのみです。今一度、会社の育成体制をみつめなおしてみてください。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回す支援をし続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準設定されているだけでなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や上司のための支援機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!