何度も同じ失敗をする部下の育成方法とは

最終更新日:2022年7月15日

何度も同じ失敗を繰り返す部下の指導に困っていませんか。もちろん、単なる気の緩みで失敗を犯すのは誰にでもあることです。根気強く部下の失敗を一つ一つ指摘し、仕事の精度を上げるよう指導していくことは、上司の大切な役割の一つです。

しかし、中には慎重な対応が必要なケースがあります。同じ失敗を繰り返す場合、原因が人によって違うからです。もちろん、新しく始めた業務で失敗を犯すことは、ある意味では仕方のないことかもしれません。

誰でも最初は間違いを繰り返しながら対応し、徐々にスムーズにこなせるようになることが普通です。しかし何度も同じ失敗を繰り返すことは、単なる失敗とは異なります。では、何度も同じ失敗を繰り返す部下には、どのような対処方法があるのでしょうか。

部下の画像

同じ失敗を繰り返す部下の育成方法① 担当業務に根深い不満があるケース

担当している業務になんらかの根深い不満があることで、同じ失敗を繰り返すケースがあります。不満を抱え、どうにも仕事に身が入らないために、結果的に失敗を重ねてしまっているのです。担当業務に根深い不満がある部下に対しては、じっくり話を聞いて、根本原因をさぐりましょう。不用意に叱責してはいけません。

最悪の場合、離職につながってしまいます。部下が担当業務のどこに対して不満を感じているのかを把握できれば、解決策を考えることができます。不満を持つ部下には叱責よりも話を聞くことの方が効果的です。その際は1対1で話すことを心がけましょう。業務に対する不満や悩みは他の人の前では発言しにくいもの。

まずは部下が不満を感じているポイントを明確にして、そこから解決策を考えましょう。業務量の問題なら、業務の振り分けを調整することで解消できます。業務内容に不満があるなら、話し合うことで解決の糸口が見つかります。

リーダーシップを発揮するためにも部下の不満を把握することは欠かせません。部下が業務に根深い不満があり、同じ失敗を繰り返している場合は本人が納得のいくまで不満を解消する必要があります。

同じ失敗を繰り返す部下の育成方法② 脳の基本回転数に問題があるケース

部下が同じ失敗を繰り返すケースはもうひとつあります。本人の能力に問題があり、他のメンバーのような仕事についていけていない、ある意味脳の「基本回転数が足りない」ケースです。本人には十分なやる気があるのに、仕事のミスが減らない部下は、本人の能力に問題があることに当てはまります。

このような部下に叱責は逆効果です。叱りつけるのではなく丁寧に細かく指示する必要があります。対処方法としてはチェックリストの活用が効果的です。チェックリストをつくって、一つ一つ確認しながら成功体験を積ませていきましょう。部下がチェックリストを使って仕事することを覚えれば、確実に失敗するリスクは減ります。

客観的に自分の仕事がどの程度進んでいるのか、自分で把握するようになるからです。多少育成に時間がかかってもこのタイプの部下は真面目に仕事をしてくれます。貴重な戦力になるということを肝に銘じて指導していきましょう。

頭の回転画像

何度も同じ失敗を繰り返す部下にはしっかりと向き合って指導しよう

何度も同じ失敗を繰り返す部下には、上司としてしっかりと向き合うことが欠かせません。担当業務に根強い不満がある場合は、特に向き合わなければいけません。部下の不満を聞くことで、業務を改善するヒントが得られる場合があります。しっかりと部下と向き合うことはリーダーシップにおいても重要なことです。

本人の能力に問題があることで、失敗を繰り返している場合も同様です。チェックリストをつくり、成功体験を積ませることで、少しずつ部下の失敗は減ります。いきなり失敗がゼロになるわけではありません。

将来貴重な戦力になることを信じて、時間がかかることを受け入れましょう。何度も同じ失敗を繰り返す部下を指導する際はしっかりと指導することが大切です。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報をよく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。

日報アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

gambaの画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。

お役立ちブログの関連記事

社員に問いかけるべき、目標設定のための「魔法の質問」とは?

社員に問いかけるべき、目標設定のための「魔法の質問」とは?

派遣社員のやる気を引き出すポイント〜営業部門〜

派遣社員のやる気を引き出すポイント〜営業部門〜

部下のやる気が出る「褒め方」3つのポイント

部下のやる気が出る「褒め方」3つのポイント

PDCAサイクルのカギが客観的な「CHECK(検証)」にある理由

PDCAサイクルのカギが客観的な「CHECK(検証)」にある理由

ステップ・バイ・ステップ!成果が上がらない部下の育成方法とは

ステップ・バイ・ステップ!成果が上がらない部下の育成方法とは

お気軽にご相談ください

新着情報

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!