新入社員 目標達成するチームTOP

新入社員が職場に早く馴染む!ゲームコミュニケーション研修とは?

2016年12月7日

入社したばかりの新入社員は、とても緊張しています。新入社員の中には社員研修で、ささいなことでつまづいき、それをきっかけに研修期間に退職してしまう者もいます。特に新入社員のその後の活躍のカギになるのが、上司や先輩社員、同期の新入社員の輪にスムーズに入れるかどうかです。

最初の導入部分で新入社員がつまづかないように、そして早く会社に馴染んでもらう為にも社員研修ではゲームによるコミュニケーションをおすすめします。せっかく入社してくれた新入社員の離脱者を減らすために、是非ゲームでのコミュニケーションをお試しください。どんなゲームがあるのか、それをいくつかご紹介しましょう。

新入社員が職場に早く馴染む!ゲームコミュニケーション研修とは?

新入社員のこころをほぐす 社員研修にアイスブレイクのゲームに挑戦

「アイスブレイク」とは、初対面同士の人が出会った時の、お互いの緊張感を解す手法です。新入社員は入社したばかりの会社に対して「一体自分はここでは何をやるのか」「自分はこの会社に馴染めるか」と心配し、緊張状態にあります。

そのような状態では、なかなかお互いを知り、仲良くなるというのは難しいですよね。特に人見知りをしがちな、若い新入社員には酷といえます。アイスブレイクゲームを行う事で、研修に集まった新入社員同士で自然にコミュニケーションを取れるようにして、これからの研修に向けて足並みを揃えるのがおすすめです。

例えば、新入社員研修の最初に行われる「自己紹介」で、やり方をほんの少し工夫するだけで、とてもいいアイスブレイになる方法があります。最初に自己紹介する人は通常どおり、「私の名前は○○です。・・・」と普通に話してもらいます。つぎに自己紹介する人は、「私は○○さんの隣の、○○です。・・・」と自己紹介します。

以降同様に「私は○○さんの隣の○○さんの隣の、○○です。・・・」というぐあいに、順番にそれまで自己紹介した人の名前をつなげていきます。このようなゲームを導入することで、参加者の名前をすぐ覚えられる利点と、ゲーム感覚で自己紹介をするので上手く自己紹介できない人でもミスしても気にならない利点があります。

他にも、「24時間以内に起こった嬉しかった事・楽しかった事」を紹介するというアイスブレイクゲームもあります。「昨日の夜寝る前にテレビでこんな番組をやっていました」とか「今日会社に来る途中でいい感じの喫茶店がありました」という話題でいいのです。気軽に聞けるような話を紹介していくことで、新入社員同士が自然にコミュニケーションが取れるようになっていきます。

新入社員のこころをほぐす 社員研修にアイスブレイクのゲームに挑戦

チーム力を高めるにはゲームが最適 新入社員向けの研修に是非取り入れましょう

新入社員の多くは、研修当初、孤独感を抱えています。みんなバラバラの出身で初めてその場に集まって来ており、「同期と上手くやっていけるか」という不安感があるのです。どんなに仕事内容が自分に合っていたとしても、人間関係が上手くいかなければ仕事のやる気も出せません。新入社員達がお互いを「ライバル視」していては、仕事も上手く回らないでしょう。

そんな新入社員の研修でチーム力を高めるには、ゲームが最適なのです。ゲームを行う事で新入社員の間では「お互いに信頼しあってこの研修を乗り切り、その後も頑張って働こう」という意識が芽生えます。たかがゲーム、されどゲーム、研修中に強い絆を作っておく事こそ、新入社員が早く会社に馴染めるようになるポイントでしょう。

若者がハマっているゲームをヒアリング 新入社員を集めて研修でゲーム大会はいかがでしょうか

研修にやってくる新入社員はほとんどが20代前半です。一方で研修担当者の多くは30〜40代の実務を積んだ担当者が勤めることが多く、参加者との間にジェネレーションギャップを生んでしまうことが多々あります。

まだまだ学生気分の抜けない新入社員達の心をしっかりと研修中につかむことで、新入社員に「この会社でずっと働きたい」と思ってもらえることが大切です。

そのためにも研修中に行うゲームは新入社員世代の者達に人気である、流行っているゲームを行う事をおすすめします。そうすれば新入社員達も知らないゲームをいきなりやらされるよりは馴染みがありますから、より早く緊張感が解れるでしょう。若者がハマっているゲームのヒアリングは、面接時にアンケートとして集めてもいいですね。

もしくはTwitterやFacebookといったSNS上から情報を仕入れてもいいでしょう。または、研修初日に新入社員が集まった際に「これからゲームをしませんか?今どんなゲームが流行ってる?」なんて聞いてみるのもおすすめです。新入社員にとっても研修の場をただ緊張する場としてだけではなく、楽しい想い出として残す事ができます。

若者がハマっているゲームをヒアリング 新入社員を集めて研修でゲーム大会はいかがでしょうか

新入社員が職場に早く馴染む!ゲームコミュニケーション研修とは まとめ

新入社員が円滑に研修を終え、誰1人途中脱落者を出さないことは研修指導者の評価にもつながります。そのためにはしっかりと新入社員にウケける、そして新入社員が置いてけぼりになってしまわないような、雰囲気作りが大切です。そこで今回ご紹介したようなアイスブレイクの自己紹介ゲームや、24時間内に起こった出来事の報告ゲーム、最近若者に流行りのゲームを行ってみましょう。

新入社員や先輩社員同士が親しくなる事が出来れば、研修も滞りなく終える事ができるはずです。また、新入社員研修には新入社員に日報を書いてもらうことで、その日の成果の振り返りを促すことが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、新入社員に日報でPDCAを習慣化させるための機能が満載です。

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

新入社員が職場に早く馴染む!ゲームコミュニケーション研修とは まとめ

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!