目標達成 目標達成するチームTOP

初心者でもわかる!PDCAとは何か?

2016年12月27日

多くの方が「PDCA」という言葉をご存知かと思いますが、ビジネスにおいて継続的にPDCAを回して仕事は行なっている方は少数です。よく使われる言葉ではありますが、PDCAとはどのようなものか、具体的にはよくわからないという方が多いからです。また、意味は知っていても、実際にどのように実践して良いのかわからないという方も多くいます。そこで今回は、PDCAとは何か、どのように職場で実践するかについて、初めての方向けにご説明をさせていただきます。

c194ec387029c94c17dc1aea7399c80b_s

新入社員必見!PDCAとは何か?仕事の進め方

「PDCA」とは何か、端的に説明すると「改善活動」です。4つの単語の頭文字をとってつくられていますので、具体的にご説明いたします。

「Plan=計画」

目標を設定します。何を、誰に、なぜ、どのくらい、いつまでに・・・などをできれば数値を使って具体的に設定します。

「Do=実行」

計画を実行していきます。計画がしっかりと実行できているか、時間や数などで具体的に表していきます。

「Check=評価」

計画がきちんと実行できたか、評価します。その結果、良かったか悪かったか、それはなぜかの検証を行います。

「Action=改善」

検証の結果を踏まえ、どのような改善を図るかを考えます。そして、計画を継続するか、やめるか、どのように改善するかを決定します。

「PDCAサイクル」や「PDCAを回す」とは、上記の活動を継続的に行うことを指しています。それによって、仕事の精度が高まり続けます。

プロジェクト達成に向けたPDCAとは何か理解しよう

PDCAとは何かを理解したところで、具体的な例を挙げてご説明します。

例えば「ブログ記事の閲覧数をアップさせる」というプロジェクトの達成を目的としたPDCAは、下記のようなイメージです。

「Plan」

まずいつまでにどの位の閲覧数達成させるか、という目標をします。

次にどのような読者層なのかを考え、その読者層に対するブログの記事を、一日何記事書くのか、現在の閲覧数と、目標の閲覧数との差を埋めるためには、どのような内容を書けば良いのかを考えます。

「DO」

計画を元に、実際に記事を書きます。

「Check」

期限内に目標の閲覧者数を達成できたかをチェックし、達成できてない場合は、要因を考えます。

また、達成できた場合も、「達成できた理由」を考えることが大切です。

それは、「こうすれば、こううまくいく。」という成功要因を見える化し、今後も同様の結果が出せるよう再現性を高めるためです。

「Action」

検証で考えられた要因を、次の記事作成に活かすため、具体的に何をどう変えるかを決定します。

上記のPDCAサイクルを回し続けることで、記事作成の精度を高め続けることによりプロジェクトの目標を達成させていきます。PDCAとは何かを理解し、実際の仕事の目標に向けてサイクルを回し続けることで、達成の精度は高まります。

42414bfd39a1359395f0a394e7b3c1fb_s

ビジネス初心者が陥るPDCAの問題とは何か?

具体的な例を学んだところで、ビジネス初心者が陥りがちなPDCAとは何かを見て行きましょう。

■実際にはPとDしかやっていない

これは、初心者が最も陥りやすいものです。

Plan→Doを行なった後に、結果を分析して改善を行なった後に、新しいPlanにいかず「こうなるだろう」と自分自身の予測を元にDoしてしまうというものです。

結果を分析して適切な改善を行わないので、これではPDCAサイクルが回らず仕事の精度向上は図れません。

■改善(A)ばかりを考えてしまう

せっかくDoをしても、Checkを十分行わない状態です。

Checkでしっかりと「うまくいった要因」「うまくいかなかった要因」を考えないと、精度の高い改善を行うことができません。

成果を出すことを急ぎすぎず、しっかりと分析を行うことが大事です。

■計画(P)を作って安心してしまう。

計画をつくることを重要視しすぎ、実行に至らないパターンです。

Planだけを考えていても、いつまでも結果は出てきません。失敗を恐れずに実行に移しましょう。

失敗しがちなPDCAがわかれば、意識をすることができますので、正しいPDCAサイクルを回すことができますので、うまくいかなかった場合は上記のような現象に陥っていないか、自身のPDCAを見直してみてください。

初心者でもわかる!PDCAとは何か? まとめ

PDCAとは何か、PDCAの具体的なサイクルの例、そして初心者が陥りがちなPDCAとは何かを取り上げました。PDCAで1番大切なことは、日々地道にサイクルを回し続け「習慣化」することです。習慣化させるためのおすすめの手法は、「日報」でPDCAを回すことです。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、業務の改善を行うための機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!

  • App Store
  • Android