働き方改革 日報の活用術TOP

企業がワークライフバランスを実現させる3つのポイント

2017年4月25日

仕事と家庭のバランスをとった働き方「ワークライフバランス」に注目が集まっています。2017年「働きがいのある会社」ランキングを見ると、ワークライフバランスの取り組み方に大きな違いがあることが分かります。ベストカンパニーに選出された企業の取り組みから見える、ワークライフバランス3つのポイントを紹介します。

ワークライフバランスを実現させる画像

ワークライフバランスを実現する①勤務時間の自由度を高める

ワークライフバランスを推進するために、残業時間の削減やフレックスタイム制導入に加え、1日の労働時間を3~4時間に設定するといった超短時間勤務制度を採用する企業が増加しています。こうした短時間の勤務制度は育児休暇や介護休暇からの復帰支援する制度として、女性のキャリアの断絶を防ぐことに高い効果が見られます。

また有給休暇取得の奨励やリフレッシュ休暇の推進はもちろん、震災復興等を目的としたボランティア休暇や誕生日休暇など、様々な目的での休暇取得が奨励されています。このように自由に休暇を取得できたり、自分のライフスタイルに合わせた自由な働き方ができたりすることは、ワークライフバランスを考えるときに重要なポイントとなります。

勤務時間の自由度を高める画像

ワークライフバランスを実現する②働く場所の自由度を増やす

ワークライフバランスで注目を集めているのが、オフィスに出社せずに働く在宅勤務制度やリモートワーカーです。在宅勤務を増やすため、ビデオ会議システムを導入したり、リモートワークで好きな場所から会社のPCにアクセスする仕組みを導入したりする企業が増えています。

こうした在宅勤務制度は、短時間しか働けない、特に介護や育児により離職の予防に効果がみられます。また、働く場所を自由に選べるサテライトオフィスを設置する企業もあります。働く場所を自由に選ぶことができれば、通勤時間のロスもなく、今までよりも短い時間で効率的に働くことができます。

さらに、都心にばかり集まりがちな優秀な人材を、企業が確保する手段ともなります。こうした働く場所の自由度を増やすことで、ワークライフバランスを推進し、企業は効率的に仕事を進めることができます。

働く場所の画像

ワークライフバランスを実現する③経営層の本気を社員に伝える

しかしさまざまな制度を導入しても、利用しにくい雰囲気や、利用したときに不利益を被るのではないかという疑念があると、ワークライフバランスが推進されることはなく、働きがいも向上しません。こうした課題を克服するために、経営層が一丸となり、組織の風土改革や管理職の意識を変えていくことが必要となります。

意識改革のため、経営層から従業員に対し、会社のビジョンと共にワークライフバランスを重視する考えを伝えます。また、残業時間や有休取得率などを数字で可視化し、経営層が共有することで、進捗状況をもとに今後の取り組みを経営層が話し合い、現場にメッセージを送るのです。

社員に伝える画像

ワークライフバランスの推進で社員が働きやすい企業を

ワークライフバランスは、育児・介護を担う女性だけの問題ではありません。現在健康で働いている男性社員も、いつこうした問題に直面するかわかりません。そのときにさまざまな働き方の選択肢がある企業は、働きがいがあると優秀な人材を確保することができます。

ワークライフバランスを推進することで、社員は尊重されていると感じ、会社への信用が高まります。また、ライフステージに合わせて自由に活躍できる場が作られることで従業員間の公平感がなくなり、支え合う職場風土が形成されていきます。ぜひ社員の働きやすさを考えたワークライフバランスの推進を行ってください。

働き方改革で1番大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を日々回し「習慣化」することです。習慣化させるオススメの手法は「日報」です。毎日のことなので、できる限り手早く報告するのがベストです。かといって、事務的に書くだけのためのものではなく、簡潔に伝えつつ、今日一日の仕事の中から得た気づきや学びを振り返ることで、より仕事のレベルを高めるツールです。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、「日報のテンプレート機能」や、「Googleカレンダーとの連携(コピペ)機能」など、毎日たった5分で素早く的確な日報を作成するための機能があります。 「毎日のたった5分」で仕事のレベルが確実に高まります。また、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されている他、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、目標達成を行うための機能が満載です。

働きやすい企業の画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!