職場のスローガンの決め方とは?具体例を交えて解説!

最終更新日:2023年10月17日

職場のスローガン、一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、そのスローガンがどのように決まり、何を意味し、どれほどの影響をもたらすのかをしっかりと理解している人は少ないかもしれません。このブログでは、スローガンがもつ力を最大限に活用するための「決め方」に焦点を当てます。成功のポイントを基本のステップと具体例で解説していきます。

特に、スローガンが職場の文化やビジョン、ミッションに与える影響を深く掘り下げます。また、成功したスローガンの事例を通してその効果と活用方法についても触れていきます。

このブログは、スローガンの重要性を感じながらも、具体的な手段に迷っている方や、職場のコミュニケーションと業績を高めたい方に特におすすめです。どうぞお楽しみに!

なぜ職場にスローガンが必要なのか

スローガンがどれほど力強いツールであるかを理解するためには、まずその役割とビジョン、ミッションに与える影響を知る必要があります。

スローガンの役割とは

スローガンは、言葉によって企業や組織のアイデンティティを凝縮し、明確に表現するものです。短いフレーズでありながら、その背後には企業の価値観、目標、方向性が詰まっています。その力は二つに分かれています。

  1. 外部に対するメッセージング: スローガンは、顧客やパートナー、投資家に対する企業のポジショニングを明確にします。良いスローガンは、人々がその企業をどのように認識すべきかの指針となります。
  2. 内部に対する効果: 従業員に対してもスローガンは大きな影響を持ちます。それは組織の文化を形成し、モチベーションを高める手段となるのです。

ビジョンとミッションに与える影響

スローガンは、ビジョン(企業が目指す未来)とミッション(そのために何をするか)に密接に関連しています。スローガンがしっかりとしたものであれば、それが指す方向性は従業員一人ひとりに浸透し、ビジョンとミッションを共有する力になります。逆に言えば、スローガンが曖昧または不適切であれば、それがもたらす混乱や方向性の喪失は計り知れません。

簡単に言えば、スローガンは企業文化の「コンパス」です。それが示す方向に、全員が一丸となって進む力を与えてくれるのです。

このように、スローガンは単なる言葉以上のものであり、その決定には細心の注意が必要です。スローガンを上手に活用すれば、企業は内外のコミュニケーションを大いに高めることができるでしょう。

参考記事:企業文化とは?カルチャーとは?メリットなどを含めて徹底解説!

スローガンの決め方:基本的なステップ

スローガンを決定する過程は、非常に重要です。成功するためには、いくつかの基本的なステップを踏む必要があります。ここで、その具体的な手順を見ていきましょう。

企業文化と目標を明確にする

まず第一に、スローガンが何を表すのか、何を目指すのかを明確にしなければなりません。これには、自社の強み、弱み、そして目指すべき方向性を理解することが含まれます。企業文化が何であるのかを把握し、それを如何に言葉で表現するかを考えましょう。

従業員や関係者の意見を集める

スローガンは企業全体を代表する言葉ですから、従業員や関係者の意見も重要です。ブレインストーミングセッションを開く、アンケートを取る、インタビューを実施するなどして、多角的に意見を集めましょう。それによって、最も共感を呼び起こす言葉や方向性が見えてきます。

キャッチーで覚えやすい言葉を選ぶ

いくら内容が優れていても、言葉が難解で覚えにくいスローガンは効果が薄れます。シンプルかつ直感的に理解できる言葉を選ぶことで、スローガンはより多くの人々に受け入れられます。心に響く、感情を動かすようなメッセージを考えてみてください。

これらのステップを踏むことで、スローガンはただの言葉から、企業を形成し、方向を示す力強いツールへと変わります。そのプロセス自体が、企業文化を見つめ直す良い機会ともなるでしょう。

職場のスローガンの具体例を紹介

理論やステップが分かったところで、実際に成功を収めたスローガンがどのようなものなのか、具体例を通して学んでいきましょう。以下は、特に印象的なスローガンと、それが企業や組織に与えた効果についてです。

1. Nike – “Just Do It”

この三つの単語は、スポーツブランドNikeを象徴するものとして世界中で知られています。このスローガンは、ただ単に商品を販売する以上の意味を持っています。それは、「行動することの大切さ」を皆に問いかけ、自らを超えるように促すメッセージです。このスローガンによって、Nikeは単なるスポーツウェアメーカーから、行動と挑戦を促すブランドへと変貌を遂げました。

2. McDonald’s – “I’m Lovin’ It”

このスローガンは、食事がどれだけ楽しい瞬間であるかを強調しています。さらに、気軽に楽しめるという企業のポジショニングもうまく表現しています。この言葉によって、McDonald’sは家族連れや若者を中心に幅広い顧客層に訴求しています。

3. Apple – “Think Different”

Appleのこのスローガンは、テクノロジーとクリエイティビティの融合を表現しています。それは、製品だけでなく、ユーザー自身が持つべき考え方や価値観をも示しています。このスローガンが成功した背景には、多くの人々が「違う考え方」をすることの重要性と魅力を感じ取れたからです。

まとめ

スローガンは単なるフレーズではありません。それは企業の文化、価値観、そして目指す方向性を形にする力強いツールです。具体例を見ることで、その効果と影響力がいかに大きいかが理解できるでしょう。”Just Do It”や “I’m Lovin’ It”、”Think Different”といったスローガンが、それぞれの企業にどれだけの価値をもたらしているかを考えると、スローガンの重要性は一層明確になります。

企業文化を明確にし、従業員や関係者からの意見を収集し、そして覚えやすく感情に訴えかける言葉を選ぶ。これらのステップによって、あなたのビジネスも新たなフェーズに突入するかもしれません。

スローガン作成は、一度きりのイベントではありません。それは継続的な努力と共に成長し、時には見直しが必要です。しかし、そのプロセス自体が企業にとって非常に価値のあるものとなり、多くの成功事例が証明しています。

これからスローガンを作る方、既存のスローガンを見直す方にとって、このブログが少しでも参考になれば幸いです。さあ、あなたのビジネスもスローガンの力で飛躍しましょう!

職場のスローガンを浸透させるには日報アプリgamba!がおすすめ!

スローガンはただの言葉以上の意味を持っています。それは企業や組織のビジョン、目標、価値観を一言で表現する力強いメッセージです。しかし、せっかく素晴らしいスローガンを作っても、それが従業員やメンバーにしっかりと浸透していなければ意味がありません。ここで登場するのが日報アプリ「gamba!」です。

なぜgamba!が効果的なのか

  1. 継続的なコミュニケーション:日報の投稿を通じて、スローガンに基づいた活動や成果を共有することができます。
  2. 目標設定とフィードバック:gamba!内で目標設定を行い、それをスローガンに沿った形で評価、フィードバックすることができます。
  3. 可視化とモチベーション:日報や週報で成果を可視化することで、スローガンに対する従業員の認識とモチベーションを高めます。

実際の活用例

例えば、企業のスローガンが「お客様第一」であれば、日報でその日の「お客様へのアクション」を特に強調して報告することができます。これにより、全社員がお客様第一の精神を日々の業務に生かしていくことが自然と促されます。

お役立ちブログの関連記事

リーダーの「聴く力」でチームが目標達成する3つのポイント

リーダーの「聴く力」でチームが目標達成する3つのポイント

2020年8月26日ウェビナーレポート「全国33拠点を日報で繋げて売上を逃さない!今日からできる、たった3つの方法」

いま企業がすべき「女性社員のモチベーションを高める働き方改革」とは

いま企業がすべき「女性社員のモチベーションを高める働き方改革」とは

46名のチームで会社の目標を達成した方法とは? 

46名のチームで会社の目標を達成した方法とは? 

【上司に伝わる】5分で書ける!メール日報の例文|テンプレートあり

お気軽にご相談ください

新着情報

【新機能追加予定のお知らせ】AIによる日報レビュー機能を5月8日に実装予定です。

【2024/4/19 1:00~3:00】メンテナンスに伴うサービス一時停止のお知らせ

outlookカレンダーの連携ができるようになりました

ダウンロードデータが直接Googleドライブに保存できるようになりました。

「日報アプリgamba!」、ITreview Grid Award 2024 Winterの最高位「Leader」を受賞

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!