日報の活用ガイド 日報の活用ガイドTOP

KPI管理とは何か?あらゆる業界で必要とされている理由

2018年1月15日

KPI管理は、あらゆる業界で必要とされている評価指標です。これを理解しておくと、どの業界においてもマネージメント業務に活用できます。

役職等の組織内での立場に関係なく、理解しておく必要のある指標ですので、ぜひ理解を深めましょう。

KPI管理の画像

KPI管理とは何か?重要業績評価指標について

KPIとはキー・パフォーマンス・インジケーターの略で、日本語では「重要業績評価指標」と呼ばれます。

例えば、「売上を倍にしたい」という目標に対して、その目標を実現するためには「営業商談数のアップが必要」「商品単価を上げなければいけない」等、必要な項目が上がってきます。

この各項目の事をKPIと呼び、この各項目を数値化し達成度を管理することをKPI管理と呼びます。

重要業績評価指標の画像

営業所や小売店に欠かせない指標の一つ

KPI管理は、最終目標ではなく「プロセス目標」。営業所や小売店には欠かせない指標の一つと言われています。

なぜかというと、店舗がどのような状態なのかを具体的に知る事が出来るからです。

KPI管理の良いところはその「状態」を数値で表現できること。小売店の場合「来店客数」「購買率」「客単価」が重要とされています。

この三点をKPIとして目標管理すると、「来店客数は多いが客単価が低い」等、具体的な状態を数値で把握することが出来ます。

つまり、組織の状態を把握する指標としてとても優れているのです。

営業所や小売店に欠かせない指標の画像

施策の効果を把握する

「状態を把握する指標」ですので、あらゆる組織で活用することができ、事業部所単位であったり、プロジェクト単位でも活用できます。

例えば改善点を検討するとき、今までの取り組みが具体的に記録されていないという事はよくありませんか?

KPI管理を行うと数値での指標が出るので、取り組みの良かった点や悪かった点を洗い出すことが簡単になるのです。
取り組んだ施策の効果を把握する為に必要な画像

日報アプリgamba!でKPIの管理をしよう

実際に行動していくなかで、悩んだり、手が止まってしまうこともあるかもしれません。

そのような事態を乗り越え、着実に目標達成に近くために、日報はとても有効な手段です。

ここでは、目標管理ができる人気の日報アプリgamba!(ガンバ)をご紹介します。

全体
 

日報で振り返り、成功体験を積み上げる

うまくいったことは、そのやり方を繰り返せばさらに大きな成果が生まれます。日報に記録することで、確実な成果につなげられます。

gamba!はテンプレートを搭載。書くべき項目をあらかじめ設定することで、報連相漏れをなくします。

もちろん、カスタマイズも可能!すぐに日報を書くことができます。

テンプレート

 

競争心に火がつく

日報と一緒に実績報告をして、達成率の推移をグラフ化できます。メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

どこでも日報を書ける、読める、チャットもできる!

スマートフォンアプリがあるので、通勤途中や外出先から日報を提出できて便利です。日報のためだけに会社に戻る必要はなくなります。

さらに、チャット機能も搭載。LINEを業務利用は、個人情報の流出の恐れなどセキュリティー面で危険が伴います。

仕事では、セキュリティー機能のある業務専用チャットを使いましょう。

チャット

Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

日報を書くのは仕事終わり。疲れがピークに達したなか、「今日何したんだっけ?」と思い出しながら書くのは、日報を面倒臭いと思わせる要因。

でもgamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!週報の作成もラクラク。部下の予定の把握もカンタンです。

カレンダー

いまなら15日間無料のトライアルを実施中 

日報もアプリでスマートに管理する時代。新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

全員画像_png


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!