日報の活用術 日報の活用術TOP

KPIとは何か?わかりやすく解説

2017年10月2日

KPIという言葉を聞いたことがあるでしょうか。聞いたことがあっても、「KGIとどう違うのかわからない」「おおまかには理解しているけれど説明できない」という方も多いのではないでしょうか。

KPIはどんなときに使われるのか?といった疑問を、わかりやすく解説していきます。

KPIの画像

KPIとは「目標の達成度合いを測る数値」

KPIとは「目的を達成するための過程を計測するための中間目標」のこと。英語にするとさらにわかりやすくなります。KPIとは「Key Performance Indicator(キーパフォーマンスインジゲーター)」の略で、直訳すると目標達成する為の指標を示します。

よく間違われる「KGI」は、最終目標が達成されているかを計測するための目標。中間の目標なのか、最終的な目標なのかが決定的に違うところです。

最終目標を達成するために工程を精査し、どうクリアすればいいのか、どれぐらいの目標をクリアしながら進めば目標達成できるかを評価し、さらにそれが達成されたかを判断します。

目標の達成度合いを測る画像

KPIとは「今の施策が合っているかを見る指標」

KPIは、具体的な目標達成の為のプロセス。達成されたのか?達成できなければ、なぜそうだったのか?を考えなくてはなりません。

例えば、KGIに「月300万円の売り上げを達成する」という目標を掲げたとしましょう。KPIは「顧客リストをつくり営業を月に50件かける」「一日15件の電話がけをする」といった具体的なことを設定します。

もしそれが達成できなかった場合は、「営業の人数が足りなく、月に30件しか営業をかけられなかった」などと振り返りを行うことができるのです。KPIの測定は、現状を客観的に見る上で非常に重要です。

今の施策が合っているかを見る画像

KPIとは「目標達成に必要なプロセス」

人間は、目標があるからそれに向かって努力できる生き物です。例えば、学生の時に「あとテストの点数を10点上げたい!」などと誰しもが思ったと思います。これがKGI(最終目標)です。

その目標の達成のために、「毎日5ページずつ問題集をやろう」「わからないところは先生に聞こう」「小テストで満点を取ろう」など具体的な目標やプロセスが必要です。

KPIとはこれらの中間目標のことですので、KPIの設定がしっかりとされておらず、ただ漠然と「テストの点数を上げたい」と思っていても、いつまでも目標の達成は出来ません。目標の達成の為にはKPIの達成が重要なのです。

目標達成に必要なプロセスの画像

日報アプリgamba!でKPIの管理をしよう

日報共有アプリgamba!(ガンバ)は、日報でKPIを管理することが出来ます。しかも、日報と一緒に売上報告するだけで、達成率の推移をグラフ化できます。メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

実績を見える化することで競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

kpi

いまなら15日間無料のトライアルを実施中 日報もアプリでスマートに管理する時代。新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

 
全員画像_png

日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!