日報の活用ガイド 日報の活用ガイドTOP

KPIとは何か?わかりやすく解説

2018年1月14日

KPIという言葉を聞いたことがあるでしょうか。聞いたことがあっても、「おおまかには理解しているけれど説明できない」という方も多いのではないでしょうか。

KPIはどんなときに使われるのか?といった疑問を、わかりやすく解説していきます。

KPIの画像

KPIとは「達成度合いを測る数値」

KPIは英語のKey Performance Indicator(キーパフォーマンスインジゲーター)の略。つまり、「目的を達成するための過程を計測するための中間目標」です。

よく間違われるKGIは、最終目標が達成されているかを計測するための目標。中間の目標なのか、最終的な目標なのかが決定的に違うところです。

最終目標を達成するために工程を精査し、どうクリアすれば目標達成できるか、さらにそれが達成されたかを判断します。

目標の達成度合いを測る画像

KPIとは「今の施策が合っているかを見る指標」

KPIは、達成されたのか?達成できなければ、なぜそうだったのか?を考えなくてはなりません。

例えば、「月300万円の売り上げを達成する」という目標(KGI)を掲げたとしましょう。

するとKPIは「顧客リストをつくり営業を月に50件かける」「一日15件の電話がけをする」といった具体的なことを設定します。

もし達成できなかった場合は、「営業の人数が足りなく、月に30件しか営業をかけられなかった」などと振り返りができます。現状を客観的に見る上で非常に重要なのです。

今の施策が合っているかを見る画像

KPIとは「目標達成に必要なプロセス」

例えば、学生の時に「テストの点数をあと10点上げたい!」など、誰しもが思ったと思います。これがKGI(最終目標)です。

しかし、漠然と「テストの点数を上げたい」と思っていても、いつまでも目標の達成は出来ません。

「毎日5ページずつ問題集をやろう」「小テストで満点を取ろう」など具体的な目標やプロセスが必要です。

中間目標であるKPIの達成が重要なのです。

目標達成に必要なプロセスの画像

日報アプリgamba!でKPIの管理をしよう

実際に行動していくなかで、悩んだり、手が止まってしまうこともあるかもしれません。

そのような事態を乗り越え、着実に目標達成に近くために、日報はとても有効な手段です。

ここでは、目標管理ができる人気の日報アプリgamba!(ガンバ)をご紹介します。

全体
 

日報で振り返り、成功体験を積み上げる

うまくいったことは、そのやり方を繰り返せばさらに大きな成果が生まれます。日報に記録することで、確実な成果につなげられます。

gamba!はテンプレートを搭載。書くべき項目をあらかじめ設定することで、報連相漏れをなくします。

もちろん、カスタマイズも可能!すぐに日報を書くことができます。

テンプレート

 

競争心に火がつく

日報と一緒に実績報告をして、達成率の推移をグラフ化できます。メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

どこでも日報を書ける、読める、チャットもできる!

スマートフォンアプリがあるので、通勤途中や外出先から日報を提出できて便利です。日報のためだけに会社に戻る必要はなくなります。

さらに、チャット機能も搭載。LINEを業務利用は、個人情報の流出の恐れなどセキュリティー面で危険が伴います。

仕事では、セキュリティー機能のある業務専用チャットを使いましょう。

チャット

Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

日報を書くのは仕事終わり。疲れがピークに達したなか、「今日何したんだっけ?」と思い出しながら書くのは、日報を面倒臭いと思わせる要因。

でもgamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!週報の作成もラクラク。部下の予定の把握もカンタンです。

カレンダー

いまなら15日間無料のトライアルを実施中 

日報もアプリでスマートに管理する時代。新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

 
全員画像_png

日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!