日報の書き方 日報の活用術TOP

5分で提出できる!日報の書き方3つのポイント

2017年7月12日

「日報を書くのが面倒」ではありませんか。日報は、うまく使えば大きな成果を出すツールに変身します。

5〜10分で提出でき、メンバーへの情報共有もできるようになれば、周囲の評価も高まります。サクッと提出できる「デキる」社員を目指しましょう。

日報の書き方3つのポイントの画像

まず「日報を書くメリット」を考えよう

日報を書くメリットは主に2つあります。

①振り返りができる

成果を上げるには「常に振り返ること」が重要です。オススメしたいのが「今日1日の仕事を2つに分類する」という方法。

  1. うまくやり遂げられたもの⇒よりうまくいかせる方法を考える
  2. うまくいかなかったもの⇒原因を探り、うまくいくようにする方法を考える

何が障害になっているのか、どうしたらうまくいくのか、考えてみましょう。

 

②情報やノウハウを効率的に共有できる

うまく行かせるヒントを見つけたら、日報で共有しましょう。他のメンバーがマネできます。

また、問題を共有することで、誰かが協力を申し出てくれることもあるでしょう。日報なら自然なノウハウの共有が進み、コミュニケーションが活発になります。

 

ノウハウを共有する画像

5分で提出できる!日報の書き方

① テンプレートで簡潔に

項目をあらかじめ決めておけば、何を書かくか悩んだり、報告すべき内容を漏らすこともありません。読む側も、理解しやすくなります。

オススメ日報テンプレート

今日の目標
今日の結果
良かった点(うまくいった仕事の中で、うまくいかせる方法)
課題点と改善策(うまくいかなかった要因を取り除く)
明日の目標

ポイントは「良かった点」と「課題点と改善策」を取り入れることです。

たったこれだけで生産性は日々向上し、間違いなく大きな成果をあげられるようになります。

 

② スケジュール表から転記する

今日1日何をしたのか思い出すのは、意外と手間がかかります。スケジュール表に、作業内容も入れておきましょう。

そうすれば、予定表やタスクリストから転記するだけで、日報が書けるようになります。

今日の実施事項
10:00-10:30 課長MTG⇒進捗状況を相談
10:30-12:00 A資料作成
13:00-14:00 鈴木商店訪問
14:30-16:00 B資料作成

 

③ 反省ではなく「できたこと」にも着目しよう

「今日できなかったこと」に着目し過ぎると日報を書く手が止まり、書くこと自体がイヤになります。「できたこと」に着目しましょう。

反省点しか浮かんでこないときは「うまくいかないことから何を学んだか?」考えてみましょう。日報は自己肯定感を高め、明日へのモチベーションを高めるツールとして使うと効果的です。

「できたこと」に視点を切り替える画像

 

日報を効率化!日報共有アプリ「gamba!」でできる3つのこと


国内最大級!8,000社のノウハウが詰まった日報テンプレートが使える

gamba!は5種類のテンプレートを搭載。1クリックで貼り付き、すぐに日報を書くことができます。もちろん、カスタマイズも可能!

日報画面

 

Googleカレンダーからスケジュールを一発読み込みできる

スケジュール表から予定を転記するのは面倒。gamba!なら、クリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピーできます。

Googleカレンダーの画像

 

どこでも日報を書ける!読める!

スマートフォンアプリがあるので、通勤途中に目を通したり、会社に戻らず直帰するとき、出先から日報を提出できて便利です。

LINEのようなチャット機能や、スタンプ機能もあるので、手軽に使えます。

チャット機能

 

5分で提出できる!日報の書き方3つのポイント まとめ

日報は、成果や課題を振り返ることができ、情報やノウハウを効率的に共有し、コミュニケーションを活性化する強力なツールです。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、たった5分で素早く日報を作成するための機能が満載。 「毎日の5分の習慣」で、仕事のレベルは確実に高まります。

gambaの画像

ただいま15日間無料トライアル実施中!

会社様に応じた効果的な使い方を相談できる「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!