企業理念を浸透させるには?パーパス経営との違い|ステップを解説!

最終更新日:2023年10月17日

「企業理念」この言葉を聞いて、あなたはどう感じますか?多くの企業が掲げているものの、「壁に掛かっているだけ」と感じていませんか?しかし、成功している企業を見てみれば、企業理念は単なるスローガンではありません。

それは組織の心臓部とも言える要素であり、優秀な人材の確保から長期的な成長戦略に至るまで、多くの面で影響を与えています。今日は、その企業理念をどのように社内外に浸透させ、実生活で生きるものにするのかについて解説します。具体的なステップと実際に成功した事例を交えて、理念をしっかりと「生きるもの」にする方法をお伝えします。

企業理念とは?

企業における理念浸透とは、組織が掲げる基本的な価値観やビジョン、ミッションが、社員一人ひとりにしっかりと理解され、日々の業務や意思決定に反映されている状態を指します。この浸透には複数の要素が関わっています。

理解と共有

まず最初に、企業理念自体が明確でなければなりません。それを社員が理解し、また経営層から一般社員までが共有している状態が求められます。

コミュニケーション

次に、この理念をどのようにコミュニケーションするかがキーです。会議、社内SNS、定期的な報告など、多様な方法で繰り返し伝えられる必要があります。

行動と評価

理念に基づいた行動が取られるよう、評価指標や報酬制度も整えられていると、より浸透が進みます。社員が「理念に沿った行動をすると評価される」と感じれば、その理念は自然と日常業務に取り込まれます。

教育と研修

新たな社員が組織に参加した際には、オリエンテーションや研修を通じて理念をしっかりと教え込むことが重要です。

定期的な見直し

時代や市場環境の変化によって、企業理念自体のアップデートが必要な場合もあります。その際は、社内外に透明性を持ってコミュニケーションを行い、再び浸透させるプロセスを経る必要があります。

企業理念がしっかりと浸透している企業は、目標に対する共通理解があり、方向性が一致しているため、よりスムーズに業績を上げることが可能です。一方で、理念が浸透していないと、社員同士の価値観がバラバラになり、組織としてのエネルギーが分散してしまう可能性があります。ですから、理念の浸透は非常に重要な要素と言えるでしょう。

企業理念を浸透させる具体的な方法とは?

ステップ1: 企業理念の明確化

最初にしなければならないのは、企業理念を明確にすることです。具体的には、理念を一文で述べられるほどシンプルにしながらも、その意味するところはしっかりと伝わるようにする必要があります。会議を開いてステークホルダー全員の意見を聞いたり、既存の文書を見直して矛盾や曖昧な点がないか確認しましょう。

ステップ2: 経営層のコミットメント

このステップでは、CEOや役員が企業理念にどれだけコミットしているかが非常に重要です。公の場で頻繁に企業理念を口にすること、社内文書やWebサイトでもその理念が強調されているかどうかを確認します。経営層が理念を明確にサポートしていることが見て取れると、社員もその価値を理解しやすくなります。

ステップ3: 社内コミュニケーション

企業理念を社内で頻繁に伝える方法を多角的に用います。例えば、月一で全社員が参加するオンライン会議で5分間理念について話す時間を設けたり、企業理念に沿った社員の行動や成功事例を社内報で紹介する方法が考えられます。

ステップ4: 教育プログラムの導入

新入社員教育では、企業理念についてのセミナーやワークショップを必須とします。さらに、年に1~2回の頻度で全社員対象の研修を行い、企業理念の再確認と理解を深める機会を提供します。

ステップ5: 評価とフィードバック

パフォーマンス評価の際にも企業理念が反映されるような指標を設定します。例えば、「顧客満足度」や「社内協力」など、その企業独自の価値観に基づいた評価項目を用意し、高い評価を受けた社員には特別な報酬や表彰を用意するといいでしょう。

ステップ6: 定期的な見直しと更新

最後に、企業理念は石に刻んだような固定概念ではありません。定期的に市場環境や社内環境を見直し、必要に応じて理念自体を更新する勇気も必要です。それを社内外に透明にし、全社員で新しい理念について話し合う時間を設けることが大切です。

パーパス経営と企業理念のつながり

企業理念と似た言葉で、パーパス経営という言葉がございます。ここでは、それぞれの特徴についてお伝えいたします。

パーパス経営とは?

パーパス経営は、企業が単に利益を追求するのではなく、その存在意義(パーパス)に基づいて経営を行う考え方です。このパーパスが明確であればあるほど、組織としての方向性がはっきりし、社員やステークホルダーが共感しやすくなります。

参考記事:【2023最新】パーパス経営とは?|メリットは?具体的な事例も紹介

企業理念浸透の重要性

先ほども述べたように企業理念は、その企業が何を大切にし、どのような価値を提供したいのかを明示するものです。この理念がしっかりと浸透していると、社員一人ひとりが自分の役割を明確に認識し、その方向に向かって働くことができます。

パーパス経営と企業理念浸透の繋がり

結論として、パーパス経営と企業理念浸透は相互に強化し合う関係にあります。企業が持続的な成長と社会的影響を高めたいのであれば、この二つを密接に連携させることが非常に有効です。

以下が相互的に繋がっている箇所です。

  1. 共通の目標: パーパス経営と企業理念浸透の双方が目指すのは、企業と社員が共通の目標や価値観に基づいて行動することです。
  2. 社員のモチベーション: パーパスが明確であり、それが企業理念として浸透している場合、社員はより高いモチベーションで業務に取り組むことが可能です。
  3. 組織の一体感: パーパスと企業理念が連動していると、社員同士の連携も自然と高まり、組織全体としての一体感が生まれます。
  4. 戦略との整合性: パーパス経営は企業戦略に直結するため、企業理念もまたその戦略の一部として機能します。つまり、理念が浸透している企業はパーパス経営をより効率的に行えます。
  5. 持続可能な成長: パーパス経営と企業理念浸透は、利益追求だけではなく、社会的な価値や持続可能性にも目を向けるため、長期的な成功が見込めます。

まとめ

今回は、企業理念を効果的に浸透させるための具体的ステップと事例についてご紹介しました。企業理念は、単に社内の掲示板に貼り出すだけのものではありません。それを社員一人ひとりが内面化し、日々の業務に反映させることが、真の企業成長へとつながります。

ステップをひとつひとつ確実に踏んでいくこと、そして小さな成功を積み重ねることが大事です。企業理念の浸透は一日で成し遂げられるものではありませんが、今日から始める一歩が大きな変化を生む第一歩です。どのステップが今のあなたの組織に必要か考え、今日から実行に移してみてください。

企業理念を浸透させるには日報アプリgamba!がおすすめ!

企業理念を浸透させるには、単にポスターに印刷して壁に貼るだけでは不十分です。社員一人ひとりがその理念を日々の業務に生かし、共有する必要があります。しかし、多忙な日常業務の中でそれを意識するのは容易ではありません。

日報アプリgamba!の特長

gamba!は日報や週報を手軽に管理できるアプリで、以下のような特長があります。

  1. 簡単な操作性: アプリなので場所を選ばず、いつでも日報を書くことができます。
  2. リアルタイム共有: 社員同士で日報を共有することで、その日の業績や課題をリアルタイムで把握できます。
  3. 検索機能: 日報を検索することができるため、社員がどのようなことを記載しているのかすぐに確認をすることが可能です。

gamba!で企業理念を浸透させる方法

  1. 日報にタグを付ける: 社員が日報を書く際に、その日の業務が企業理念にどう関連しているかを記載するテンプレートを作成することが可能です。
  2. 定期的なフィードバック: マネージャーやチームリーダーが、日報に対してどれだけ企業理念に沿った行動が取られているかを評価し、フィードバックします。
  3. 情報の共有: 企業理念に特に優れた貢献をしたと評価された日報は、全社員と共有してモチベーションを高めます。
  4. 理念浸透の度合いを定期的にチェック: 付けられたタグやフィードバックを元に、企業理念がどれだけ浸透しているかを定期的に評価します。

お気軽にご相談ください

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!